こんな使い方じゃ効果薄!リジュンの効果を倍増させる使い方!?

リジュン 使い方

 

「リジュンを使いだして抜け毛が減った!」「髪の毛が根元から立ち上がりふんわりとした!」と嬉しい口コミが多くあるリジュンの育毛剤。リジュンは、育毛剤に配合されている有効成分に、さらに、フルボ酸やリデンシルといった成分を配合した“次世代育毛剤”です。

 

効果を実感している人が多くいる一方で、「そんなに効果ある?」「口コミほど実感がない…」と感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは、よくある3つの間違った使用法、リジュンの効果を最大限に引き出す使用法についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

こんな使い方してたら効果薄!3つの間違い!

濡れた髪に使っている

 

まず、最もよくある間違った使い方が、「濡れた髪に使用している」場合です。リジュンは、朝晩、使用する育毛剤なのですが、特に、夜、お風呂上りの濡れたままの髪にスプレーしてしまっている人が少なくありません。

 

リジュンに限らず、育毛剤は、乾いた地肌にまんべんなく塗布し、しっかりとマッサージしながら浸透させるのが正しい使い方です。せっかくドライヤーで髪を乾かしても、育毛剤を付けるとまた湿ってしまうので、先に付けたいという気持ちはわかりますが、育毛剤の有効成分が地肌に浸透するには思っているよりも時間がかかります。

 

そして、濡れた髪にリジュンを付けると、育毛剤の成分が髪のほうへ流れやすくなってしまいます。しっかりと有効成分を地肌に届けるには、しっかりと乾かした髪と地肌に塗布し、頭がポカポカと温かく感じるまでしっかりとマッサージすることが大切です。

 

 

量が足りていない

 

次に多い間違った使い方が、「量が足りていない」場合です。リジュンの使用量は1回につき、14プッシュ。前頭部から側頭部、後頭部までまんべんなくプッシュします。リジュンは、サラッとしていて非常に使用感の良い育毛剤ですが、14プッシュするとかなり頭皮はしっとりと濡れるくらいになります。

 

7プッシュくらいしたら、「もう全体に塗布できたかな?」と思ってしまいますが、しっかりと、14プッシュをカウントしながら塗布しましょう。髪が短い方や髪が細い方は、顔に垂れやすくなりますので、1プッシュすることに、地肌に刷り込むように使用してください。

 

 

お手入れを忘れる

 

そして、最もNGな間違った使い方が「お手入れを忘れる」ことです。リジュンは朝晩2回使う育毛剤ですが、ついうっかり忘れてしまった…!ということが続くとなかなか効果を実感するのは難しくなります。もちろん1度忘れたからと言って、効果がゼロになるわけではありませんが、きっちり使用した場合とそうでない場合とでは大きく差が出てきます。

 

女性であれば、お顔の化粧水は、必ず、朝晩付けると思うので、「化粧水のあとには育毛剤をつける」などと、いまある習慣に紐づけて継続してリジュンを付けるようにしてください。

 

 

 

リジュンの効果を倍増させる使い方!

 

リジュンのよくある間違った使い方は十分にお分かりいただけたかと思います。「髪と地肌をしっかりと乾かして、毎日、朝晩、しっかりと14プッシュを継続してつける」これが、リジュンの基本的な使い方です。ここから、さらにリジュンの効果を倍増させる2つのポイントがあります。

 

 

地肌と髪に優しいシャンプーを使う!

まず、1つめは、「地肌と髪に優しいシャンプーを使う」こと。世の中には、ドラッグストアなどで取り扱っているお手頃価格のシャンプーや、1000円前後の自然派シャンプー、美容院などで取り扱われているアミノ酸系シャンプーなど、たくさんの種類のシャンプーが存在します。数多くあるシャンプーの中で、是非、おすすめなのは、美容室などで取り扱われている「アミノ酸系シャンプー」です。

 

アミノ酸系シャンプーは、髪と地肌の汚れを優しく洗い流すシャンプーです。価格も3千円前後と少しお高めになりますが、髪と頭皮への優しさは他のシャンプーとは比になりません。さらに、地肌を保水する成分や髪を修復する成分など、プラスのケアができる成分が配合されているので、育毛に取り組む方には欠かせないアイテムです。

 

地肌に優しいシャンプーを使用し、毛穴の汚れと髪についた汚れをしっかりと落とすことで、このあとにつけるリジュンの浸透がUPします。もちろん、シャンプー後は、しっかりと乾かしてからリジュンをつけることをお忘れなく!

 

 

しっかりとマッサージをして育毛剤を揉みこむこと

そして、2つ目のポイントは、しっかりとマッサージをして育毛剤を揉みこむことです。頭皮のマッサージは慣れるまでは少し難しく感じるかもしれませんが、マッサージをしっかりするかしないかで育毛の成果は大きく変わってきます。

 

そもそも、薄毛の大きな原因の一つが血流不足と考えられており、低体温や運動不足などで、頭皮にしっかりと血液が届かなくなることで、薄毛の症状が加速します。リジュンに配合されている成分の中にも、血流を促進するフルボ酸がメイン成分として配合されており、血流はそれほど育毛にとって大切なものなのです。

 

頭皮マッサージは、イタ気持ちいいと感じる圧で、頭全体をつかむようなイメージでマッサージします。指先だけでマッサージしようとすると疲れてしまうので、手全体を使って、大きく大きく、頭皮をほぐしましょう。「頭皮マッサージってどのくらいの時間すればいいの?」と聞かれますが、目安は5分~10分です。短くても最低3分は行うようにしましょう。

 

血流が良くなると、耳の色がぽわっとピンクに変わり、顔がポカポカと温かくなるのを感じますので、それが終わりの合図です。頭皮マッサージは、顔のたるみやほうれい線、頬の落ちなどにも効果がありますので、エイジングケアにもおすすめです。「マッサージが苦手…」という方は、頭皮マッサージができるパドルブラシなども売られていますので、ブラッシングアイテムを上手に活用しましょう。

 

 

まとめ

 

正しい使い方でケアしていけば効果を実感できる!

リジュンは、現在発売されている女性用育毛剤の中で最も配合成分が多く、その数、なんと72種類です。圧倒的な配合成分量の種類で、効果が出やすいので、じわじわとその人気は広がっています。

 

しかし、高い口コミが多くある一方、「効果がない」という否定的な口コミも一部あるのが実情です。もちろん、体質や肌質には1人1人違うので、効果に個人差はありますが、ここでお伝えしたように、濡れた髪に使っていたり、お手入れをさぼったりしていると、思ったような効果を出すことは難しくなります。正しい使い方を知り、毎日、しっかりと育毛ケアを行い、ツヤのある豊かな髪をもう一度取り戻したいですね!

 

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング