FAGAは薬で治る?クリニックの特徴と治療法|女性用育毛剤マニア

fagaと薬

 

女性の薄毛であるFAGAの症状で悩んでいる人は、国内で約600万人いるといわれています。

 

これまで、薄毛治療を行うクリニックの患者さんは、男性がほとんどでしたが、最近では女性の患者さんも増えています。

 

ここ3年ほどで「女性の患者数が約3倍ほどに増加している」クリニックもあるほどです。

 

ここでは、薄毛治療のクリニックの特長や実際に薄毛治療で行う治療法、処方される薬、価格などについて詳しくご紹介していきます。

 

 

 

 

アートネイチャーはクリニックではない?ヘアサロンとクリニックの違いとは?

 

「薄毛を治療する…」というと、アートネーチャー、アデランス、リーブ21を思い浮かべる人も多いと思います。

 

「フサフサになりました!」と70代くらいのお綺麗なおばあさまが出ているCMは、「私もまだまだ遅くないかも!」と思わせてくれますよね。

 

しかし、数多くCMされている、アートネーチャーやアデランス、リーブ21などは、実は、薄毛治療クリニック(病院)ではありません。

 

上に紹介したお店は、実は「ヘアサロン」といって、増毛をしたり、専用のウィッグを作ってくれるお店です。

 

 

 

対して、薄毛治療クリニックは、「薬や育毛剤などで発毛を目的とした病院」です。

 

毛根からなくなってしまった薄毛などは、クリニックで薬を処方されてもなかなか髪を生やすことは難しいので、アデランスなどのヘアサロンを選ぶ方が効果も費用も満足のいくものとなります。

 

ただ、女性の薄毛であるFAGAは、毛髪が細くなっても、毛根が残っていることがほとんどなので、ヘアサロンにいくよりもクリニックに行くほうがいいのかなぁと私は考えています。

 

そして実は、クリニックとヘアサロンだと、価格的にはクリニックの方が安かったりもします。

 

自分の髪の毛でボリュームアップするか、人口毛でボリュームアップするか…、自分の髪の毛でボリュームアップしたほうが嬉しいですよね!

 

 

 

薄毛治療クリニックでは何するの?クリニックの治療方針や薬の種類とは?

 

薄毛治療クリニックというと、「一体何をするんだろう…?」と内部が見えないだけによくわからない世界ですよね。

 

実際にクリニックに通っていても、「薄毛治療しているなんて恥ずかしい…」とクリニックに通っていることを友人には内緒にされている方が多いです。

 

友人から情報をGETできないとなると、薄毛治療クリニックはますます縁遠い存在になってしまいます。

 

ここでは、クリニックで行われている治療方針や処方されている薬の種類などを詳しくご案内していきます。

 

 

 

まず、クリニックに通うためには「カウンセリングを受けに行くことが必要」です。といっても、クリニック=病院ですから、気軽な気持ちでOKです。ただ、どのクリニックでも予約は必要になりますので、事前に予約をしておいてくださいね。

 

カウンセリングでは、頭皮の状態をマイクロスコープで見たり、写真に撮ったりして状態を確認したり、持病がないかなどの確認などをしていきます。

 

初診料ですが、無料のところもあれば、有料(5千円程度)のところもあり、クリニックごとに設定されています。

 

見てもらったから絶対契約しないといけない!というわけではないので、話を聞いてもらって、病院の雰囲気などをチェックしてみてください。

 

 

 

病院によっては、この時に、血液検査をする病院もあります。血液検査では、健康状態に問題がないかを確認し、後々、内服薬を処方するために使います。

 

薄毛治療で行う治療方法は、大きく3通りあります。内服薬を処方される方法、外用薬を処方される方法、頭皮に成分を注射する方法です。

 

どの治療法を選択するかは、症状の進行度合いや予算にあわせて、お医者様が提案してくれますので、今の段階では「へ〜こんな風な治療があるんだな」程度にわかってれば大丈夫です^^

 

 

内服薬の処方

クリニックで処方される内服薬の代表的なものです。一種類処方されることもあれば、数種類処方されることもあります。

 

  • ミノキシジル(発毛をサポート)
  • スピロノラクトン(抜け毛を予防)
  • パントガール(発毛をサポート)
  • ビタミン剤(髪の成長を助ける)
  • ミネラル剤(髪の成長を助ける)
  • 漢方薬

 

 

外用薬の処方

発毛効果のあるミノキシジルが配合されたクリームや育毛剤を処方されるることが多いです。リアップなどの市販の育毛剤を渡されることもあります。

 

薄毛の程度に合わせて、外用薬だけで治療していく場合もありますし、内服薬と併用して治療していく場合もあります。薄毛の進行具合に合わせてお医者様が提案してくれるので、予算と相談しながら決めていきます。

 

 

頭皮に成分を注射する

多くのクリニックでは、内服薬や外用薬の処方をメインに行っていますが、「東京ビューティークリニック」という病院では頭皮への成分注射が行われています。

 

「頭皮に注射…痛そう…」と思いますが、アイスノンのようなもので冷やしながら打っていくので、実際にはそんなに痛くないそう。

 

ミノキシジルなどを直接打っていくので効果も高いですが、副作用についてもしっかりと理解しておく必要があります。

 

 

 

薄毛治療クリニックに通うにはどのくらいお金が必要?その相場とは?

 

クリニックに通う値段ですが、どのくらいの期間、治療をしていくかで金額が変わります。半年コースや、1年コース、2年コース…があり、契約期間が長くなればなるだけ1月あたりが安くなっていくシステムを採用しているところが多いですね。

 

契約するコースによっても、価格は前後すると思いますが、1ヶ月にかかる治療費の目安は下記程度になりますので、参考にしてください。

 

《東京ビューティークリニック》

  • 内服薬のみ…21000円
  • 内服薬+外用薬…35000円
  • 頭皮注射…70000円
  • 内服薬+外用薬+頭皮注射…105000円

 

《聖心毛髪再生外来》

  • 内服薬のみ…15000円
  • 内服薬+外用薬…20000円〜34000円程度

 

《ヘアメディカルビューティー》

  • 内服薬のみ…15000円〜
  • 内服薬+外用薬…32000円程度

 

 

お薬だけの使用でしたら、月々平均して2万〜3万くらいのところがほとんどだと思います。

 

意外に安いですか?高いですか?育毛剤(外用薬)だと自分で購入しても月に5000円〜7000円くらいかかりますので、内服薬が2万くらいする感じですね。

 

ミノキシジルが配合された内服薬などは、日本国内では市販されていないので、「内服薬もほしい!」という人にはクリニックという選択もありなのかな〜と思います。

 

頭皮注射は、7万円…。結構高いですね…。もちろん、病院によって設定されている料金は前後しますので、不安でしたらカウンセリングの前に一度電話で聞いてみるといいかと思います。

 

 

 

薄毛治療クリニックに通うのは不安…副作用や危険性はないの?

 

毎日薬を飲んだり、頭皮に注射を打ったリ、馴染みのない成分を注射で体内に入れるとなると誰でも不安になりますよね。

 

ビタミン剤やミネラル剤などでしたら、これまで美容目的などで飲んだことがある人もいらっしゃると思いますが、ミノキシジルやスピロノラクトン…となると「本当に大丈夫なの?」と思うのは当然のことです。

 

薄毛治療クリニックは、“病院”なので、薬を処方される時に詳しく副作用の説明があります。

 

一般的な副作用としては、下記の2点です。

 

  • 体毛が濃くなる
  • 一時的に抜け毛が増えることがある
  • ミノキシジルを処方された際の副作用

 

 

 

薄毛治療を受けると体毛が濃くなる?

体毛が濃くなるというのは、内服薬をとった場合に顕著に現れます。髪の毛が薄くなると、まつ毛や眉毛のボリュームもなくなってくるので、まつ毛がフサフサになると喜んでいる人も多いようです。もちろん、まつ毛だけでなく、足や腕も濃くなります。

 

 

一時的に抜け毛が増える?

そして、一時的に抜け毛が増えるのは、「初期脱毛」と呼ばれる症状。治療により、毛根が活性化するので、細く弱った毛髪を一旦排出しようと細胞が働きだします。

 

初期脱毛が起こるのは、1ヶ月〜2ヶ月後くらいです。「薄かった髪がさらに薄くなった…」と少し不安になりますが「好転反応ととらえて治療を続けることが大切」です。

 

初期脱毛が起こるということは、毛根部分の働きが活発だといえるので、「長い目で見ると薄毛の改善する確率は高くなる」と考えているクリニックもあります。

 

 

ミノキシジルの副作用?

発毛成分「ミノキシジル」ですが、こちらの副作用も忘れてはいけません。ミノキシジルは、もともと、血圧降下剤として開発された成分です。

 

「血管が広がる⇒頭皮の血流がよくなる⇒体全体の血圧が下がる⇒めまい・むくみ・動悸などの症状」がでることがあります。

 

心臓既往症を持っている方は特に注意が必要なので、診察の際にはしっかり申告するようにしましょう。

 

ミノキシジルの成分と効果|女性用育毛剤マニア

 

 

 

 

薄毛クリニック治療は効果があるの?

薄毛対策

 

クリニックでの治療の効果が出始めるのは半年後あたりの人がほとんどです。効果のでるタイミングは自宅ケアで使用する育毛剤と同じですね。

 

クリニックでの治療は、市販されている育毛剤よりも高濃度、高品質の成分が配合されていますので、効果はもちろん市販のものよりも高いです。

 

かなり薄毛が進行していているのであれば、クリニックで見てもらうのも1つです。

 

ただ、まだそこまで薄毛が進行していなくて、「少し抜け毛が気になるかな〜?」「…ちょっと薄い?」というくらいの方でしたら、市販の育毛剤でも十分効果はあるのかな〜と思います。

 

クリニックは、月に1回通わなければならなかったり、価格も効果だったりとなかなか続けていくのが大変ですからね。

 

クリニックに通うにしても、自宅で育毛剤でセルフケアを続けるにしても、何より大切なのは、

 

 

「半年間ぐらいは、朝晩、しっかりとケアを続けること!」

 

 

しっかりとケアを継続して、いつまでも若々しい髪を保ちたいものですね。

 

 

 

 

コメントを残す