FAGAの症状とは?原因&対策法|女性用育毛剤マニア

FAGAの症状

 

「毛深い男性はハゲやすい…ハゲている男性は性欲が強い…」

 

など、まことしやかに語られている薄毛の噂。どの程度まで本当か嘘か…その真偽は定かではありませんが、男性ホルモンと薄毛は密接に関係しているのは間違いありません。

 

男性ホルモンが過剰に分泌されることで起こる薄毛は、AGA(エージーエー)、男性型脱毛症と呼ばれており、これまで「薄毛は男性のもの」というのが一般的な考え方でした。

 

しかし、近年、実は、薄毛は男性だけではなく女性も同様に悩んでいる人が多いということが分かってきました。

 

男性の薄毛がAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるのに対し、女性の薄毛はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

 

ここでは、FAGAとは何ぞや?、その症状、原因、対策などを詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

 

FAGAとは?男性型脱毛症(AGA)との違いとは?

 

FAGA(女性男性型脱毛症)の症状でお悩みの方は、日本全国で約600万人いるといわれています。

 

AGA(男性型脱毛症)と違う点は、AGAがツルっと毛根から抜け落ちてしまうのに対し、FAGAは、全体的に毛が細く、ボリュームがなくなってしまうのが特長です。

 

FAGAは、「びまん性脱毛症」と呼ばれることもあります。「びまん性」とは、症状が広範囲に広がり、患部を特定できない状態のことを指します。

 

FAGAは、特定の部位ではなく、全体的に髪のボリュームが減少するので「もしかして私薄いのかも…」と自覚するまでに時間がかかることが多いです。

 

 

AGAで髪が抜けるメカニズム

AGAで髪が抜けるメカニズムは、男性ホルモンが大きく関連しています。

 

男性ホルモンは、体毛の増加、筋肉の増強、性欲の亢進、男性器の発達、声の変化などの作用があり、第二次性徴の際に、男の子が男性へと変化するのに不可欠なホルモンです。

 

男性ホルモンは、アンドロゲンやテストステロン、ジヒドロテストステロンなど、いくつか存在するのですが、特に関係が深いと考えられているのが「テストステロン」です。

 

テストステロンは、精巣や副腎で作られている男性ホルモンですが、毛根にある毛乳頭に到達すると、5αリダクターゼという酵素により、DHT(ジヒドロテストステロン)という成分に変化します。

 

そして、DHT(ジヒドロテストステロン)が、発毛を阻害し、髪はやせ細り、やがて抜け落ちていってしまうのです。

 

何やら難しいですが、男性の薄毛であるAGAは、男性ホルモン「テストステロン」が主な原因なのです。

 

 

「…でもそれがどうして女性の薄毛と関係あるの?男性ホルモンは男性特有のものでしょ?」

 

 

「…実は、男性ホルモンは女性のカラダにも存在しています!」

 

 

 

AGAとFAGAの違いとは?

 

わたしは「男性ホルモンは男性のもので、女性ホルモンは女性のものでしょ!」と思っていたので、男性ホルモン「テストステロン」が私たち女性の体内にも存在している!と初めて知ったときはかなり衝撃でした。

 

よく考えてみると、テストステロンは、精巣だけでなく副腎でも作られているので、副腎の存在する女性の体内にもこのホルモンが存在するのは当然のことですね。

 

男性ホルモン「テストステロン」が女性の体内にも存在している限り、当然女性も男性と同じように薄毛の症状が進行するということです。

 

AGAもFAGAも、男性ホルモン「テストステロン」が薄毛の原因物質なのです。

 

 

 

 

男性の薄毛であるAGAと女性の薄毛のFAGAの決定的な違いは、

 

 

「女性には、女性ホルモン《エストロゲン》が存在している点です!」

 

 

「エストロゲン」は、卵巣から分泌されている女性ホルモンで、いわば「女性らしさ」をつくるホルモン。

 

生理周期や妊娠などをコントロールしているのはもちろん、女性のきめ細かい肌を作ったり、ツヤのある髪を育てたりと若々しい肉体をつくる働きがあるので、別名「若返りホルモン」とも呼ばれたりします。

 

男性が若い人だと20代でハゲてくるのに対して、女性が20代で薄毛に悩むことはまずありません。(もちろん産後だったり、ストレスで起こる円形脱毛症などは除きますが…。)

 

これは全て、女性ホルモン「エストロゲン」が髪を育むように指令を出しているからなのです。

 

女性の薄毛の悩みは、早い人だと30代後半、だいたいの方は45歳あたりからでてきます。この時期は、ちょうど更年期に入る時期にあてはまります。

 

更年期とはそもそもエストロゲンの分泌量がガクッと減少することによって起こるのです。エストロゲンが減少することで、女性のカラダの中で人知れず、副腎からひっそりと分泌され続けたテストステロンが一気に力を発揮し始めます。

 

 

「簡単に言えば《オス化》するのです…」

 

 

更年期に入ると、「鼻したやあごの産毛が濃くなって、ヒゲのようになった…」という話を聞いたことはありませんか?

 

これは実は、エストロゲンが減少し、テストステロンの働きが顕在化したからなんです。

 

更年期に「オス化」するといっても、エストロゲンの分泌量は男性に比べると格段に多い量がでていますから、女性の薄毛が一気にハゲてしまうことはありません。

 

微量に分泌されているエストロゲンが「髪を育てろー!」とテストステロンと戦い続けてくれるので、女性の薄毛は、「髪が全体的に元気を失っている」=「ボリュームがなくなる」状態になるのが特長です。

 

そして、FAGAは、女性ホルモンの働きにより毛根が残った状態なので「正しいケアをすれば改善しやすい!」ともいわれています。

 

 

◆AGAの特長◆
  • 男性ホルモン、テストステロンが原因
  • 毛根ごと毛が抜けてしまう
  • 20代から薄毛になりやすい
  • 進行すると改善には時間がかかる

 

◆FAGAの特長◆
  • 男性ホルモン、テストステロンが原因
  • 全体のボリュームがなくなる
  • 女性ホルモンの働きにより毛根は残る
  • 女性ホルモンの減少する35歳以降から薄毛になりやすい
  • 正しいケアで改善することが多い

 

 

FAGAの症状とは?

 

毛髪全体のボリュームが減少するFAGAは、自分でも気づかないうちにいつの間にか症状が進行していることが多いです。

 

FAGAの症状は、薄毛のレベルによって4つに分類されています。

 

レベル1.髪にうねりやパサつきが出てくる

レベル2.抜け毛が気になってくる

レベル3.だんだんと髪にボリュームがなくなってくる

レベル4.特定の部分が薄くなり、目立ってくる

 

 

 

「え?うねりやパサつきもFAGAなの?」とビックリしますよね。実は、うねりやパサつきは、「髪の老化シグナル」です。

 

髪の老化シグナルというと、白髪を思い浮かべる人が多いですが、白髪がメラニン色素を上手に作れなくなるシグナルなのに対し、髪のパサつきやうねりは「女性ホルモンが減少してきてますよ〜」というシグナルになります。

 

髪のうねりやパサつきは、髪内部の水分と脂質のバランスが乱れるのが大きな原因です。この水分と脂質のバランスをコントロールするのが、女性ホルモンです。

 

FAGAと女性ホルモンの関係性は、後に詳しく書いていきますが、FAGAと女性ホルモンは切っても切れない関係なのです。

 

髪のうねりやパサつきが気になりだすのは、30代に入ってからの場合が多いです。「昔はまっすぐのストレートヘアだったのに…最近髪質が変わってきた…」という方は注意しましょう。

 

 

 

抜け毛が気になりだすのは、FAGAの症状が進行した合図です。

 

排水溝にごっそり抜けた髪の毛を見てギョっとしたり、ドライヤー後の床を見て抜け毛の量に驚いたり…自分の抜け毛の変化に気付いたときが、薄毛ケアをスタートする最良の瞬間です。

 

ここで「気のせいか…」と放置するか、「ヤバ…!」と育毛ケアを始めるかで、40代、50代、60代の毛量は大きく変わってきます。抜け毛の自覚が出てくると、同時に髪のボリュームの変化も出てきます。

 

レベル1の髪質の変化からレベル2の抜け毛の増加までには、かなり時間がかかりますが、レベル2からレベル3のボリュームの変化までは比較的あっという間に進行しますので注意してください。レベル4になると、明らかに薄毛の状態になります。

 

レベル3くらいまでは、「私薄毛で悩んでいて…」と友人に相談しても「そお?気にしすぎよ!全然気にならないわよ!」と言ってもらえたりしますが、レベル4になると、明らかに薄毛の症状になります。

 

この段階になると、部分ウィッグが必要になるくらい、FAGAは進行しています。

 

ただ、薄くなっているからもう何をしても無駄…ということはありません!毛根が残っている限り適切なケアをすれば、薄毛は必ず改善していきます。

 

毛根の残るFAGAは、男性の薄毛に比べて改善しやすいのが特長ですのでご安心ください。

 

 

 

 

FAGAを進行させる2つの原因とは?

FAGAを改善する対策方法をお伝えする前に、まず、FAGAの原因や症状を進行させる悪習慣についてお話させていただければと思います。

 

FAGAの症状の進行には大きく2つの原因があります。

 

 

女性ホルモンの減少

1つめの原因は、すでにお伝えしたように「女性ホルモンの減少」です。女性ホルモンは、35歳を過ぎたあたりから、分泌量が一気に減少します。

 

女性の生物的な妊娠適齢期は、20歳〜30歳。この時期が最も卵巣機能が高まり、妊娠しやすい時期です。卵巣からエストロゲンが分泌され、体の若々しさを保ってくれるのがこの時期です。

 

そして、35歳を過ぎると、徐々に女性の卵巣機能は下り坂に入っていきます。エストロゲンの分泌量が年々減少してくるのです…。

 

年齢とともに「疲れやすい」「肌のハリがない」「肌が乾燥しやすい」などの自覚症状も出てきます。

 

50歳くらいにかけて女性ホルモンの量は減り続け、いわゆる「更年期」を迎えます。エストロゲンの分泌量が減少すると、髪にも変化が起きます。

 

  • 髪にツヤがない、うねる
  • 髪にボリュームがない
  • 分け目が透けて見える
  • 抜け毛が多い

 

 

といった髪の変化は、35歳すぎたあたりから起こります。この変化は、女性ホルモンの減少が大きく関係しているのです。

 

さらに、女性ホルモンの減少に比例して、男性ホルモン「テストステロン」の働きが活発になりますので、さらに薄毛が加速していきます。

 

 

血流不足

そして、FAGAを進行させる2つ目の大きな原因が「血流不足」です。細胞の成長に必要なのは「栄養」です。そして、この栄養の素は「血液」です。

 

「食生活には自信がある!毎食、自炊しているし、栄養バランスも考えて料理している!」という女性が多い中、FAGAの症状で悩んでいる女性は減る気配がありません。

 

 

その理由は、「体の深部が冷えている女性が多いから」です。

 

 

男性に比べて筋肉量の少ない女性は、冷えで悩んでいる方が本当に多いです。そして「冷え」を自覚している女性は少なかったりもします。冷えているのに、気づいていないんですね…。

 

体が冷えているからといって、特に痛くなったりしないので「冷え」は意外に「こんなもんか…」と放置されがち。

 

しかし、冷えていない人が触ってみると「え!!めっちゃ手冷たいよ!」というくらい冷えていたりします。「わたしって冷えているのかな…?」と思うかたは、一度、体温計で体温を記録してみてください。

 

1ヶ月同じ時間に計り続けてみて、その平均が36.5度以上であれば合格です。冷えは万病のもと!というように女性にとって冷えは大敵です。

 

体が冷えていると、髪の毛に十分な栄養が行き着かず、FAGAの症状を加速させる原因となります。

 

 

 

FAGAの進行を加速させる3つの悪習慣?

 

たばこがFAGAを進行させる?

たばこに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮し、血流を悪くする働きがあります。ただでさえ冷えやすい女性の体をさらに冷やしてしまう原因になるのです。

 

そして、最近の研究では「喫煙は男性ホルモンの分泌を促進させる働きがある」ことがわかってきています。男性ホルモンが増加すれば、それだけ薄毛のリスクはあがります。

 

 

アルコールで髪の大事な成分を大量消費?

アルコールを摂取すると、まず肝臓で分解され、その際、「アセトアルデヒド」という物質を代謝します。

 

「アセトアルデヒド」には毒性があるので、体内で毒が無いように代謝されるのですが、この過程でアミノ酸やビタミンを大量に消費します。

 

アミノ酸やビタミンは、髪の原料になる物質ですので、これらがアルコールの解毒作用に消費されてしまうのはなんとももったいない話です。

 

また、アルコールにも、男性ホルモンの分泌を増加させる働きがあることがわかっています。たばことアルコールは、薄毛でお悩みなのであれば避けるのが一番です。

 

なかなかやめれない…という人は、量を減らしたり、回数を減らすなどの努力することをおすすめします。

 

 

睡眠不足で細胞を活性化できない?

睡眠は、細胞を活性化する大切な時間です。睡眠中には、成長ホルモンなどの修復ホルモンが分泌されるので、髪にとってとても重要な時間なのです。

 

特に、成長ホルモンが多くでるのは、22時から26時までと言われており、この時間に眠ることが大切です。

 

しかし、最近ではスマホやタブレットなどが普及したこともあり、ベッドに入っても、ネットサーフィンをしたり、ゲームをしたりする人が増えています。

 

眠い…と思ってベッドに入ったのに、布団の中で、スマホで遊んでいるうちに眠気が飛んでしまった…ということありますよね。睡眠不足は、FAGAの症状を進行させる一因です。

 

 

食生活が乱れると髪は育たない?

日々の食生活は、髪の成長に大きく関係します。インスタント麺を頻繁に食べていたり、コンビニのお弁当ばかり食べていると、どうしてもビタミンやミネラルが不足してしまいます。

 

髪の原料は、たんぱく質やビタミン、ミネラル(亜鉛)などになるので、食事でこれらの栄養素が不足すると、当然、髪は健全に育てなくなります。

 

「忙しくてなかなか自炊できない…」という人は、育毛剤の使用がおすすめ。

 

サプリなどで栄養を補うと、まずは内臓など臓器、そして皮膚、というように生きていくのに必要な部分に優先して栄養が配分されてしまうので、なかなか髪に必要な栄養が回ってきません。

 

ただ、一番いいのは、「食事からきちんと栄養を摂る」ことですので、外食するにしても出来るだけ栄養を意識したメニュー選びをしましょう。

 

 

 

FAGAの進行を改善する7つの対策法?

 

良質の睡眠をとる!

睡眠時間は、日中に傷ついた細胞が修復する大切な時間です。寝不足の日が続くと、体の疲れが取れず、肌はボロボロ…になりますよね。

 

それほど睡眠は、細胞にとって大切なのです。髪も細胞の1つなので、良質な睡眠をとることは、ヘアサイクルを整える上でも必要不可欠です。

 

 

食生活を見直す!

毛髪の細胞の原料となるのは、アミノ酸です。アミノ酸は、タンパク質が胃や腸で分解された物質です。

 

カップラーメンやインスタント食品ばかりを口にすると、髪の原料となるアミノ酸やビタミン、ミネラルが当然不足します。

 

「1人暮らしであまり自炊しないな〜…」と、栄養バランスに自信がない人は、まずは食生活を見直すことから始めましょう。

 

 

ストレスを溜めない!

ストレスを受けている人間の体は、交感神経が優位になっている状態になっています。そして、交感神経が優位だと「血管はギュッ!と収縮」しています。

 

発表の前など、緊張状態の時に心臓がドキドキし手が冷たくなった…ということありませんか?

 

ストレスを受けると、血流が悪化し、十分な栄養が毛根に届きにくくなります。また、ストレスがかかった状態だと、良質な睡眠がとれなくなってしまうこともあります。

 

 

外出時は帽子をかぶる!

毛根の細胞が老化してしまう原因の6割が「光老化」です。私たちが何気なく浴びている太陽光ですが、紫外線は細胞レベルで髪にダメージを与えてきます。

 

女性であれば、紫外線の恐ろしさはご存知ですよね。紫外線の恐ろしい点は、「蓄積型」なところです。

 

若いときに浴びてきた紫外線が、40代、50代になってシミとなって出てきますよね。あれは、浴びた紫外線が蓄積されて、ジワジワと表面化されているからです。

 

髪の薄毛を気にするのであれば、顔や体だけでなく、髪も紫外線ケアをするようにしましょう。

 

 

ヘアスタイルは毎日変える!

髪をギューッと引っ張るような髪型も、FAGAを進行させる一因です。これは「牽引性脱毛症」とよばれ、毛髪を引っ張ることにより、毛根が弱ってしまうことが原因です。

 

ポニーテールなど、毎日同じヘアスタイルとしている…という人は、注意が必要です。また、毎日分け目が同じという人も注意が必要です。

 

分け目を変えずにいると、紫外線ダメージが同じ部分にのみ起こるので、「分け目が透けて見える…」といった症状につながってきます。

 

 

頭皮の血行を促進させる!

薄毛の大きな原因は、なんといっても血流不足!血流が十分でないと、髪に栄養が行き届きません。特に、女性は冷えている人が多いので注意しましょう。

 

食生活の改善、筋肉量を増やす運動をするのはもちろん、頭皮の血行を改善するマッサージやブラッシングなども効果的です。「冷え」は健康だけでなく、髪の成長にとっても大敵なのです。

 

 

育毛剤を使用する!

栄養バランスの改善と頭皮の血行改善がFAGAにとって重要なポイントであることはお分かりいただけましたね。しかし、365日、毎日髪にとって最良の食事をとることはなかなか難しいのも事実。

 

FAGAの症状でお悩みであれば、「育毛剤を取り入れるのも症状改善への近道」です。

 

育毛剤には、血行を促進する成分や、髪の成長を促す栄養、そして、頭皮環境を整える成分など、髪にとって必要な成分が全て入っています。

 

頭皮マッサージやブラッシングもなかなか習慣にならない…という人にも育毛剤はおすすめ。「育毛剤を付ける→ブラッシングする」という流れができるので、継続してマッサージをすることができます。

 

 

 

 

FAGAは改善できる!薄毛に気付いた今日から対策を!

薄毛対策

 

薄毛は放置しておいたからといって、勝手によくなるということはまずありません。

 

育毛剤と聞くとなかなか「男の人のものだし…」「…そこまでひどくないし…」と手が出しにくいかもしれません。

 

しかし、最近では、女性専用の薄毛育毛剤も多く出てきています。さらに詳しくは下記からどうぞ!

 

びまん性脱毛症に効果がある女性用育毛剤【3選】

 

 

 

お肌でも、シミが気になれば「美白化粧水」を、しわが気になれば「レチノール美容液」を…と、肌の状態に合わせて化粧品を選んでいきますよね?

 

少しでも「髪のボリュームが減ったな〜」とか「分け目が薄いな〜」と感じているのであれば、今日からできるケアを始めてください。

 

1日でも早く始めれば、改善も1日でも早いのです。

 

 

 

 

コメントを残す