CTPの成分と効果|女性用育毛剤

CTPと女性用育毛剤

 

CTPはもともと、果実の結実や開花などを促す、果樹園芸用の成長促進剤として使われてきた植物ホルモンの一種です。

 

CTPの育毛効果は、三省製薬の研究員が500種類にのぼる成分と素材を研究していくなか、1990年代に発見されました。

 

有効性試験や安全性試験を重ね、1995年に厚生労働省に認可され、その後の研究で女性ホルモンの減少による薄毛・抜け毛に効果があることは分かってきたことから、女性用育毛剤に積極的に配合されるようになりました。

 

ここでは、CTPの効果や安全性などについて詳しくまとめてみました。

 

 

 

 

CTPを理解する上で、まずはBMPも知っておこう!

 

CTPの育毛効果を理解する上で知っておかなければいけないのが“BMP”という物質です。BMPはタンパク質の一種で、骨を形成するのに不可欠な物質です。

 

BMPの分泌量は女性ホルモンの分泌量と大きくかかわっており、女性ホルモンが減少するとBMPの量も減少してしまうということがわかっています。

 

妊娠・出産後や更年期後は、「骨がもろくなるから、骨粗しょう症に気をつけなさい。」と聞いたことがあると思いますが、これらは全てBMPの量が減少したことに起因しているのです。

 

 

そして、近年の研究でBMPには骨形成因子以外にも、髪の毛の成長を促進する“発毛促進シグナル”としての働きがあることがわかってきました。

 

BMPは髪をつくる毛母細胞に存在しており、太くコシのある髪をつくり出します。

 

しかし、女性ホルモンが減少すると、このBMPの量は減り、髪はだんだんとやせ細りツヤのない髪に…。これがいわゆる「びまん性脱毛症」や「FAGA(女性男性脱毛症)」と呼ばれる女性の薄毛の原因です。

 

 

細くボリュームのなくなってきた女性の薄毛を改善するには、女性ホルモンを増やしBMPを増加させ太く健康な髪が生えるようにサポートすることが必要になってきます。

 

これまで、FAGAに“効果的”と言われている育毛剤は、女性ホルモンの着目した成分、例えば、大豆たん白水解物やイザヨイバラエキス、ヒオウギエキスなど、女性ホルモンの分泌を促す成分の入っているものでした。

 

女性ホルモン自体を増やすように促し、それによりBMPが増加し、髪が生えるようにアプローチしていたんですね。

 

 

 

じゃあ、CTPの効果は?

 

対して、CTPはBMPを直接作るように指令を出すことができます。

 

例えると、これまでの育毛剤が、コマーシャルのように全ての人々にアプローチしていたのに対し、CTPは買ってくれそうな人に直接電話してアプローチをしている状態です。

 

1万人にCMを流しても買ってくれるのは1人か2人ほどですが、買ってくれそうな人に電話をかければ、高確率で商品を購入してもらえますよね。

 

CTPは、毛根にダイレクトにアプローチすることができるのです。

 

 

さらに、CTPは、直接BMP自体を増やし、毛量自体を増やすのに加え、髪の成長スピードも促進させる効果があります。

 

「え?髪の量も増えるし、成長スピードもアップするの?…そんなにいいことづくめなんてあるの?」と思うかもしれませんが、これは、CTPが植物の成長促進剤として利用されてきたことを考えるとイメージしやすいかもしれません。

 

植物を育てたことがある人はわかると思いますが、成長促進剤を蒔いた種にかければすぐに芽を出すし、毎日の水やりに使えばグングンと育ち葉を増やし、結実期に使えば実を大きく育て上げることができます。

 

成長促進剤の効果は目を見張るものがあります。CTPのこの特性を髪に応用したとなれば、髪が増えグングンと太くたくましく育っていくのは当然ですね。

 

 

CTPの安全性は?副作用はないの?

CTPは厚生労働省に認可されている安全性の高い成分です。皮膚科の試験でもCTPの安全は実証されており、有効性試験や安全性試験を重ね、1995年に育毛成分として承認されています。

 

1995年から20年以上、薄毛治療薬として利用されてきましたが、副作用の報告はほとんどなく安心して使っていただけます。

 

 

 

CTPはどんな抜け毛・薄毛に効果があるの?

 

CTPの育毛効果は、「びまん性脱毛症」や「FAGA(男性女性型脱毛症)」、いわゆる“女性の薄毛”に特に効果があります。

 

男性の薄毛が、髪が太くなる前に成長期が終わってしまうのが原因なのに対し、女性の薄毛は、成長期はあるものの、成長期に十分に髪が育たないのが原因です。

 

成長期が早く終わってしまう男性の薄毛にいくらCTPを与え、BMPが「よーし!髪を太く育てるぞー!」とヤル気になったところで、成長期自体が終わり髪が抜け落ちてしまいます。

 

成長期が短い髪にいくらCTPを塗布しても、効果が出る前に髪が抜け落ちてしまえば意味がありません。

 

男性の薄毛は、髪を太く育てるBMPを増やすCTPを付けることよりも、まずは短くなってしまった成長期をいかに長くしていくかが課題なのです。

 

 

対して、女性の薄毛は、成長期の乱れは少なく、どちらかというと女性ホルモンが減少したことによるBMPの減少が原因です。

 

私の前の職場に枯れもしないし大きくもならない、でも数年生きているヒョロヒョロの観葉植物がありましたが、BMPが減少している女性の薄毛はまさにその状態!

 

髪を太く育てる成長促進剤(CTP)を入れてあげれば、女性の薄毛は大きく改善が見込めるはずです。

 

CTPの製造元である三省製薬で、髪に何らかの悩みを抱える700人をモニターにした試験では、「使用者の約80%が効果を実感したという結果」がでています。

 

その後の継続使用で、約8割の人が抜け毛の減少、約7割の人が毛髪の変化(ハリやコシ、太さ)を実感しています。

 

 

 

 

まとめ

 

血行促進作用や髪に必要な栄養を与える成分が多い中で、CTPは毛母細胞にダイレクトに働きかけることのできる成分です。

 

このように毛根に直接アプローチができ、かつ、副作用がほとんどない成分はほとんどありません。

 

CTPは男性の薄毛にも効果はありますが、女性の薄毛にはさらに高い効果が見込める成分です。

 

顔のシワやたるみと同様に、ヘアスタイルはその人の印象を大きく変える重要なパーツです。髪にツヤがあるだけで、ボリュームがあるだけで、女性は5才も10才も若く見えるのです。

 

 

「育毛ケアは、始めるのが遅いということはありません。」

 

 

50代60代になっても、いつまでも輝くような女性でいられるように、薄毛が気になった今日から育毛ケアを始めましょう。

 

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング


コメントを残す