頭頂部の薄毛の原因と対策&女性用育毛剤の選び方

頭頂部の薄毛

 

下りのエスカレーターに乗っていると、前には、40代前半の女性が…。頭に目をやると、頭頂部が薄い…

 

 

「あなた!ヤバいですよ!今すぐ育毛してください!」

 

 

って思わず声をかけたくなる時ってありませんか?

 

実際には、そんなこと言えることもなく、下りのエスカレーターに乗っている間、ずーっとその女性の頭頂部を凝視することになるわけですが…。

 

頭頂部の薄毛は、自分ではなかなか気づけない部分です。「薄毛なんてまだまだ大丈夫〜!」と思っていたら、自分でもギョッ!とするくらい薄毛が進行していた…という話をよく耳にします。

 

ここでは、女性の頭頂部の薄毛の原因やその対策、食生活、生活習慣、育毛剤まで、余すところなくお伝えしていきます。

 

 

 

 

女性の頭頂部の薄毛は女性ホルモンの減少が原因だった!?

分け目薄い原因

 

女性の頭頂部の薄毛は、男性の薄毛と違って、ハゲることなく、全体的に髪の毛が細くなるのが特徴です。

 

「ハゲ」るというよりも頭皮が「透け」て見えるようになると言ったほうが適切かもしれませんね。髪の毛がなくなるわけではないので、自分でも薄毛に気づきにくいのです。

 

しかし、幸運なことに女性の頭頂部の薄毛は、男性の薄毛と比べて適切なケアで改善しやすいと言われています。

 

これは、女性の頭頂部の薄毛は、髪の毛が細くなってしまいますが、毛根部分がしっかりと残っているから。

 

男性の頭頂部の薄毛のように、毛根部分からなくなってしまうと発毛させるのは難しいですが、細い毛が残っている女性の薄毛は十分改善できます。

 

 

 

女性の頭頂部の薄毛は、FAGA(女性男性型脱毛症)びまん性脱毛症と呼ばれ、男性ホルモンの分泌が女性ホルモンよりも多くなってしまうのが大きな原因です。

 

女性ホルモンは、髪の成長に大きく関わっているので、出産や更年期などで、女性ホルモンの分泌量が乱れると抜け毛が増加します。

 

女性ホルモンは、出産や更年期以外にも35歳あたりから加齢とともに減少していくホルモンですので、35歳以降に薄毛に悩む女性が急増するのはこのためです。

 

…といっても、加齢とともに女性ホルモンの数値がゼロになることはありません。

 

女性ホルモンが僅かにでも分泌され続けることにより、女性の頭頂部の薄毛は男性のようにツルっとハゲてしまうことはないのです。

 

 

 

女性の頭頂部の薄毛を悪化させる原因とその対策とは?

 

女性の頭頂部の薄毛が、女性ホルモンと密接に関連していることはお分かりいただけましたでしょうか。加齢とともに少しずつ女性ホルモンの分泌が減少していくのは自然なことです。

 

「人間は誰でも老いていく」そう分かっていても、「老化はしたくない」というのが女心ですよね…。

 

「少しでも薄毛を改善できるのであればなんでもする!」という方も多いと思いますが、女性の頭頂部の薄毛は女性ホルモンの減少以外の原因もあります。

 

女性ホルモンの量を調整するのはなかなか難しいですが、その他の原因は対策することができるので改善できる部分は見直しましょう。

 

 

ストレス

女性の頭頂部の薄毛の原因の1つがストレスです。ストレスを感じると人間の血管はギュっと収縮する性質があります。

 

大人数の前で発表したり、誰かとケンカをしたりすると、心臓がドキドキとしますよね。これは、全身の血管がストレスにより収縮したことが原因です。

 

血管が収縮すると、血液の栄養は十分に髪まで届かなくなり、薄毛や抜け毛の原因になります。特に、頭頂部やつむじは、体の中で一番高い部分になるので、最も血行不足になりやすいです。

 

また、ストレスを感じていると、自律神経も乱れがちになるので、髪の成長を促進する女性ホルモンの分泌も減少してしまいます。

 

ストレスにより、血流が悪くなっている場合は、頭皮のマッサージやブラッシングで血流を改善しましょう。

 

頭は、ツボや経絡が多くある場所なので、どこを触っても何かしらのツボに入る部位です。難しく考えずに、「痛気持ちいい」くらいの力加減で、マッサージしましょう。

 

血行促進効果のある育毛剤をつけてマッサージすると効果が倍増します。顔がポカポカと温かくなったら血が巡った合図です。また、頭皮マッサージは、リラックス効果もあるので、ストレスを緩和する効果もあります。

 

 

睡眠不足

睡眠中は、日中に傷ついた細胞を修復させる大切な時間です。仕事や子育てでなかなか睡眠時間が確保できないと、細胞を修復する時間がなくなるので、薄毛が加速します。

 

頭頂部は、特に、日中紫外線からダメージを受けやすい部分で、遺伝子レベルで傷ついた細胞をそのままにしておくと、だんだんと髪はやせ細っていってしまうのです。

 

「そうは言っても、忙しくてなかなか寝る暇なんてない…」なんてお思いですか?

 

最近の研究で、細胞を修復させる成長ホルモンは、1回目の入眠時に大量に放出されることがわかってきています。

 

育毛にとって質の良い睡眠とは、長ければいいものでもなく、「1回目の入眠でどれだけ深く眠れるか」ということなのです。

 

そして、この1回目の入眠時に深く眠れていれば眠れているだけ成長ホルモンは大量に分泌されます。成長ホルモンは、「若返りホルモン」と呼ばれており、若さを保つために必要不可欠なホルモン。

 

薄毛だけでなくお肌の状態も改善してくれるので、いつまでも若さを保ちたい女性は是非とも分泌したいホルモンなのです。

 

1回目の眠りを深くするポイント6つ
  • 眠る2時間前までにお風呂に入る
  • 夜は電気を暗めに設定する
  • 夜はスマホやPCをなるべく見ないようにする
  • 夕日を浴びる
  • 朝日を浴びる
  • 日中に運動する

 

 

朝、昼、晩のメリハリをつけた生活をすることで、体内時計を目覚めさせ、深い睡眠をとることができるようになります。

 

 

栄養バランスの乱れ

ダイエットなどで、食事の栄養バランスが乱れているのも、頭頂部の薄毛を悪化させる原因になります。

 

食事で摂取した食物は、胃や腸で分解され、血液になります。その血液が、頭皮に運ばれ、髪になるのですから、そもそもの栄養が不足しているのは問題外なのです。

 

髪に必要な栄養素については後述しますが、食事でとった栄養素は、まずは内臓や皮膚などの人間が生きていくうえで必要な部分に優先的に分配されます。

 

残念ながら、髪は「なくても生きていける部分」ですので、髪に栄養素が分配されるのは一番最後となります。

 

食生活に自信がない人は、サプリで栄養素を補ったり、育毛剤で直接髪に栄養を届けたりするのが効果的です。

 

また、せっかく栄養バランスを整えても、血行が悪ければ良質な血液が髪に行き届きませんので、頭皮マッサージやブラッシングで血流を改善してあげることも大切です。

 

 

 

女性の頭頂部の薄毛の改善に必要な栄養素とは?

 

女性の頭頂部の薄毛の改善には、まず、減少した女性ホルモンを補う必要があります。女性ホルモンと似た構造で、摂取すると女性ホルモンの代わりになる成分が「イソフラボン」です。

 

美容に興味がある方でしたら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。イソフラボンは、「植物性女性ホルモン」ともよばれ、体に入ると、女性ホルモンと非常に似た働きをしてくれます。

 

イソフラボンは、大豆製品から多く摂取できますので、豆乳やお豆腐、納豆などを積極的に食べると効果的です。

 

 

 

その他の髪に必要な栄養素は、タンパク質、ビタミン、ミネラルです。タンパク質は、アミノ酸に分解され髪の原料となるので、特に必要な栄養素です。

 

高タンパク質な食材とは、魚類、肉類、卵、大豆製品、乳製品。健全な頭皮環境を保つために、できるだけ油分もカットしたいので、魚であれば白身魚、肉類であれば鶏肉がおすすめです。大豆製品は、高たんぱくな上にイソフラボンも摂取できるので理想的な食材ですね。

 

また、ビタミンやミネラルも、血行促進や抗酸化作用があり、髪の成長には不可欠な栄養素です。偏ることなく、バランスよく食事をとるようにしましょう。

 

 

 

出来れば避けたい!女性の薄毛を悪化させる食事!

 

頭頂部の薄毛を改善する食生活で、出来れだけ避けてほしいのが、「アルコール、塩分、油分、糖分、食品添加物の5つ」です。

 

 

アルコール

アルコールは、摂取するとポカポカと体が温かくなるので、「血行が良くなって髪にも良さそう」と思うかもしれませんね。

 

アルコールは飲むと、体の中で毒性のあるアセトアルデヒドという物質を作り出してしまいます。このアセトアルデヒドは、分解される時に髪の成長に必要な大量のビタミンを消費してしまいます。

 

これでは、いくら食生活を改善して、ビタミンを摂取しても意味がなくなってしまいます。また、アルコールを摂ると、眠りが浅くなり、睡眠の質も悪くなってしまいます。

 

 

塩分

塩分を多く摂ると、浸透圧の関係で高血圧の状態になりやすくなります。高血圧の状態とは、血管がギュッ!と狭くなってしまっている状態。

 

そう、塩分の摂り過ぎは、ストレスを受けているのと同じ状態を作り出してしまうのです。血圧が上がれば、頭皮へ十分な血液が行き渡らなくなってしまうので、薄毛の原因になります。

 

 

油分

油分の多い食生活を続けると、頭皮がべたつきやすくなります。頭皮に皮脂が多く分泌されると、頭皮の常在菌であるマラセチア菌が、過剰に分泌された皮脂を分解しようと増殖します。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解したあと脂肪酸を排出するので、頭皮環境は乱れ、フケやかゆみを引き起こしてしまいます。

 

 

糖分

甘いものに含まれる糖分も取り過ぎると薄毛を引き起こします。甘いものは体の中で分解されるときに、大量のビタミンBを消費してしまいます。ビタミンBは、頭皮の生まれ変わりを助けてくれる大切なビタミンです。

 

 

食品添加物

食品添加物には、カルシウムや亜鉛の合成を阻害したり、栄養素の吸収自体を阻害してしまうものがあります。

 

食品添加物は、インスタント食品や加工品に多く使われていますので、できるだけ自炊し、摂取しないようにするのが大切。ポテトチップスやカップラーメン、チョコレートなどの嗜好品が好きな方は注意が必要です。

 

 

 

 

 

女性の頭頂部の薄毛を改善させる育毛剤を選ぶポイントとは?

 

女性の頭頂部の薄毛対策には、生活習慣や食生活の見直しのほかに、育毛剤で頭皮環境を整え、血流を改善することも効果的です。

 

食事で髪の毛に良い成分をたくさん摂取しても、血流が悪く、頭皮にその栄養が運ばれなければ意味がないですからね。

 

女性の頭頂部の薄毛に効果的な育毛剤を選ぶポイントは、

 

  • 女性ホルモンに着目しているか
  • 血流を改善する成分が入っているか

 

この2つです。私がおすすめする頭頂部に効果のある女性用育毛剤はこちらです。

 

 

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤

 

ベルタ育毛剤は、女性の薄毛に効果の高い育毛剤です。「大豆たん白水解物」「イザヨイバラエキス」「ヒオウギ抽出物」といった女性の薄毛に必要な3つの成分がしっかりと配合されています

 

また、血流を促進し、毛を育んでくれる「センブリエキス」や「グリチルリチン酸2K」「酢酸トコフェロール」などの成分も入っています。女性ホルモンの減少が原因の、頭頂部の薄毛に非常に効果が期待できます。

 

私が実際に試してみたベルタ育毛剤の口コミ

 

 

 

マイナチュレ

 

マイナチュレは、女性のために考え抜かれた育毛メソッドで、加齢による女性の薄毛の悩みをしっかりと解決してくれる育毛剤。

 

女性と男性の脱毛の違いに焦点をあて、女性ホルモンの減少で乱れたヘアサイクルを正常に戻す処方で作られています。

 

血流を改善する「センブリエキス」「グリチルリチン酸2K」「酢酸トコフェロール」ももちろん配合!6ヶ月の返金保証がついているのも女性には嬉しい特典です。

 

私が実際に試してみたマイナチュレの口コミ

 

 

 

ミューノアージュ

ミューノアージュ育毛剤の口コミ

 

ミューノアージュは、最先端の育毛ケアを行う、東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュと共同開発された育毛剤です。1剤と2剤に分かれており、女性ホルモンの減少に着目した新発想の育毛剤です。

 

1剤をつけた後に2剤を付けていかなければならないので、他の育毛剤よりも少し手間はあります。

 

ただ、血流を促進し、毛を育む「センブリエキス」「グリチルリチン酸2K」「酢酸トコフェロール」もしっかり配合されているのでおすすめです。

 

私が実際に試してみたミューノアージュの口コミ

 

 

 

まとめ

頭頂部の薄毛は、女性にとってとても深刻な悩みですよね。

 

年齢とともにある程度は仕方ない…とはいっても、同世代でも薄毛になっていない人を見ると、「あぁ、どうして自分だけ…」という気分になります。

 

その中でも頭頂部の薄毛は、自分では見えない分、さらに気分が重たくなってしまうんですよね…。

 

女性の薄毛は、適切なケアによって必ず改善します。自分の薄毛の原因と対策を知り、1日も早くケアを始めてくださいね!

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング


コメントを残す