酢酸トコフェロールの成分と効果|女性用育毛剤マニア

酢酸トコフェロールと育毛剤

 

育毛剤を選ぶときに気になるのがその成分。髪に効果のある育毛剤を選ぶには、どんな有効成分が配合されているかをしっかりと確認することが重要です。

 

酢酸トコフェロールは、育毛剤に配合されていることの多い成分の1つです。発毛や育毛にどう効果があるのか?副作用はないのか?など、しっかりと検証していきたいと思います。

 

 

 

 

酢酸トコフェロールとは?

 

酢酸トコフェロールは、いわゆるビタミンE誘導体のことを指します。別名、トコフェリルリン酸ナトリウムや酢酸DL-αトコフェロール、ビタミンEリン酸ナトリウムとも呼ばれています。

 

黄色く粘り気のある成分で、オイルやアルコールによく溶ける性質をもっているので、ベビーオイルなどに配合されていることもあります。

 

肌とも親和性が高く、肌に浸透すると酵素で分解され、若返り成分であるビタミンEに変化します。

 

 

酢酸トコフェロールの育毛効果とは?

酢酸トコフェロールには、下記の2つの育毛効果があることがわかっています。

 

血行促進効果

酢酸トコフェロールは、育毛に不可欠な血行を促進する効果があります。髪の毛の成長は、血流が良くないと促進されませんので、頭皮マッサージやブラッシングをするまえに、酢酸トコフェロールの配合された育毛剤をつけるとさらに効果的です。

 

 

抗酸化作用

酢酸トコフェロールには、油の酸化を防ぐ効果があります。この性質を利用して、スナック菓子などの酸化防止剤として使用されています。皮脂の酸化も防いでくれるので、頭皮のかゆみや荒れ、湿疹、フケなどもでにくい頭皮環境をつくってくれます。

 

 

 

酢酸トコフェロールの副作用は?安全性は大丈夫?

 

酢酸トコフェロールは、旧表示指定成分に指定されており、使用にやや注意が必要な成分です。

 

副作用としては、口からの過剰摂取で、下痢や便秘、胃の不快感、頭痛、めまいなどが報告されています。

 

酢酸トコフェロールは、酸化防止効果があるので、ポテトチップスなどの油をつかった食品の酸化防止剤として添加されています。

 

口からの摂取は、食品類に保存料として添加されている程度ですので、「普通に生活していれば酢酸トコフェロールを過剰に取り過ぎることはありません」のでご安心ください。

 

 

 

また、防腐剤と血行促進の効果を目的に、化粧品や医薬品などにも添加されています。肌への塗布の副作用とは、発疹や赤みなどが報告されています。

 

酢酸トコフェロール自体に、血行促進効果があるので、この効果が強く表れすぎると、発疹や赤みなどがでるんですね。

 

食品から医薬品、化粧品に至るまで、酢酸トコフェロールは、幅広く使われています。酢酸トコフェロールは、旧表示指定成分であるものの、安全性はかなり高い成分だと思います。

 

基本的にはビタミンEですので、使用にあたり神経質になる必要はありません。

 

 

 

 

まとめ

 

酢酸トコフェロールは、血行促進効果、酸化防止効果のある成分です。

 

育毛効果があるだけでなく、育毛剤本体の、品質保持にも役立るので、育毛メーカーはこぞって配合する成分。

 

副作用についても、ほとんどの場合心配はいりませんが、「肌が弱い…」「アレルギーが出やすい…」という人は、返品保証のついた育毛剤で一度試してみるといいでしょう。

 

 

 

 

コメントを残す