薄毛&抜け毛予防に効果のある飲み物&食べ物とは?|女性のための薄毛&抜け毛対策

薄毛予防の食べ物

 

「アラフォーになって、髪が薄くなってきたような気がする…出産後、抜け毛がひどくて、このままハゲてしまいそうで不安…」

 

そんな抜け毛や薄毛が気になってきた女性におすすめの食べ物&飲み物をご紹介していきます。

 

毎日の生活に取り入れることで、抜け毛&薄毛予防策に役立ててくださいね!

 

 

 

 

そもそも女性の薄毛&抜け毛の原因とは?

 

加齢や出産、ストレスなど様々なきっかけで起こる女性の薄毛ですが、女性の薄毛に共通した原因は大きく“ホルモンバランスの乱れ”と“血行不良”の2つです。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

女性のカラダは、生理や妊娠、出産、更年期と、一生涯を通して、女性ホルモンと大きく関わっています。

 

女性ホルモンとは、女性らしいカラダをつくる役割のほかにも、肌をみずみずしく保ったリ、髪のツヤやハリを保ったりと、私たちが求める“キレイ”の元にもなっているホルモンです。

 

この“キレイ”の元である女性ホルモンが、様々な理由で減少してしまうと、肌はガサガサ、髪は細くフニャフニャと、いわゆる細胞は“老化”してしまうのです。

 

 

 

血行不良

そして、2つめの原因である“血行不良”ですが、そもそも、血の巡りは、私たちが口にした栄養素がギュっと詰まったもの。

 

血流が滞っていると、細胞1つ1つまで栄養が行き着かないことは言うまでもありませんよね。

 

特に、女性は、男性に比べて筋肉量が少ないので、血流が悪く、冷えで悩まされている人が多いといわれています。

 

血行不良で血が髪まで巡らなくなると、当然、養分がなくなった髪は、健康に成長していくことができなくなります。

 

血行改善には、筋肉を刺激する運動なども効果的ですが、ここでは、血行を改善してくれる食べ物と飲み物、そして、女性ホルモンを補う働きのあるものをご紹介していきます。

 

 

 

薄毛&抜け毛で悩んでいる女性がとるべき食べ物とは?

 

女性の薄毛&抜け毛を改善には、加齢や出産、ストレスなどで減少してしまった女性ホルモンを増加させることが必要になります。

 

髪の90%は、タンパク質でできているので、タンパク質やビタミンミネラルなどが髪の成長に必要なのは言うまでもありませんが、「髪を成長させろ!」という指令を出す女性ホルモンが不足していれば、いくら材料が揃っていたとしても髪が健康に育つことはありません。

 

まずは、「女性ホルモンの量を正常に近づけることがなによりも重要」なのです。

 

 

 

といっても、女性ホルモンの分泌は、自律神経で無意識にコントロールされているので、「女性ホルモン出ろ!」といって増えるものでもありません。

 

そこで、効果を発揮するのが、女性ホルモンを補う働きのある「大豆製品」です。

 

大豆製品には、“大豆イソフラボン”といって、女性ホルモンと似た働きがある成分が豊富に含まれています。

 

大豆イソフラボンには、「グリコシド型」と「アグリコン型」というものがあり、より効果が高いといわれているのが「アグリコン型」です。

 

グリコシド型は、吸収までに食べてから8時間ほどかかるのに対し、アグリコン型は1〜2時間で吸収され、グリコシド型の3〜4倍の吸収力があります。

 

グリコシド型もアグリコン型も、どちらも“大豆イソフラボン”であることに変わりはありませんが、どうせ食べるのであれば、吸収率の良いアグリコン型を摂りたいですよね!

 

 

アグリコン型イソフラボンを多く含む食品の代表が「味噌」です!

 

 

 

「発酵食品は体にいい」とよく耳にしますが、味噌も例外にもれず、ゆでた大豆の時には「グルコシド型」であったイソフラボンが、発酵が進むとともに、「アグリコン型」に変化していきます。

 

女性ホルモンと大豆イソフラボンの関係については下記にまとめてあるので、参考にしてみてくださいね!

 

大豆イソフラボンの成分と効果

 

 

 

 

大豆イソフラボンと同時に積極的に取るべき栄養素4つ!

 

大豆イソフラボンを積極的に取ることで、「髪を成長させろ!」という指令を出しやすくなりましたが、もちろん、髪の“原料”がなければ、髪は成長することができません。

 

髪に必要な原料とは「タンパク質、そして、ビタミン、ミネラル、オメガ3脂肪酸」の4つです。

 

 

 

タンパク質

髪の9割は、タンパク質で構成されています。髪の原料となるタンパク質は、体内で合成することができないので、しっかりと食事でとる必要があります。

 

良質なタンパク質を多く含む食べ物は、「たまご」や「鶏肉」などが代表的です。特に、たまごには、タンパク質のほかにミネラルやビタミンなども豊富に含まれているのでオススメです。

 

ビタミン

ビタミンは、タンパク質を合成するうえで“ネジ”のような存在。どんな立派なお家も、木材を組合すためには、“ネジ”が必要不可欠ですよね。

 

タンパク質を多くとったとしても、ビタミンが不足していれば、髪は成長することができません。

 

ビタミンは、一般的には熱で壊れやすい性質を持っているものがほとんどなので、フルーツやサラダなど“生”で食べることのできる食材が特におすすめです。

 

ミネラル

ミネラルは、現代人の食生活において、最も不足しやすいといわれている栄養素です。

 

カルシウムや亜鉛、鉄分、セレニウムなど、ミネラルの種類は多くありますが、ミネラルが多い食べ物といったら、やはり牡蠣が有名ですね。

 

ミネラルは、一般的には、熱で壊れやすい性質を持っているのですが、牡蠣の含まれているミネラルは、加熱しても壊れることがありません。

 

野菜をたっぷりととれる、牡蠣鍋やクラムチャウダー、シーフードシチューなんかもいいですね。

 

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、細胞の若返り効果があるとして、ここ数年、大人気ですよね。オメガ3脂肪酸が含まれたえごま油やしそ油など、日常的に摂っている女性も多いのではないでしょうか。

 

オメガ3は、髪をつくるのはもちろん、頭皮の細胞膜を作ったり、乾燥を防いでくれたりと、頭皮環境も整えることができる栄養素です。乾燥によるフケやかゆみでお悩みの方に、是非、取ってほしい栄養素です。

 

 

 

女性の薄毛や抜け毛を予防するために取ってほしい栄養素は、まずは“大豆イソフラボン”です。髪の成長は、家づくりに似ており、“大豆イソフラボン”は、家の「基礎」ともいえる部分です。

 

タンパク質(=木材)、ビタミン(=ネジ)、ミネラル(=ネジ)、オメガ3脂肪酸(=屋根)をいくらとっても、まずは「基礎」がなければ、家は建ちません。

 

大豆イソフラボンを積極的に取り、「基礎」が出来上がれば、積極的に材料をバランスよく送り込みましょう。

 

髪の成長には、上記の4つ全ての材料が必要になってくるので、バランスよく食事をとることが重要です。

 

 

 

薄毛&抜け毛が気になるときに積極的にとるべき飲み物とは?

 

次に、薄毛や抜け毛が気になるときにおすすめの飲み物ですが、育毛期間中は、“血の巡りを改善する”飲み物を意識して体に取り入れるようにしましょう。

 

既に書いたように、“血行不良”は女性の薄毛の大きな原因の1つです。

 

大豆イソフラボンを摂り、髪により栄養をバランスよく摂ったとしても、やはり、その栄養素を運ぶ血流が滞っていては、効果は半減してしまいます。

 

血の巡りを改善し、栄養の詰まった血液をしっかりと頭皮まで届けてあげるようにしましょう。

 

 

白湯

育毛期間中におすすめなのが、白湯(さゆ)です。白湯は、インドのアーユルヴェーダや東洋医学でも勧められている飲み物で、冷え性の改善やデトックス効果があります。

 

朝の起き抜けのタイミングで白湯を飲むと、体がポカポカとしてきて、一気に血がめぐるのを実感できます。

 

白湯は、体を中から温め、内臓から冷えをとってくれるので、慢性的な冷えでお悩みの方におすすめの飲み物です。

 

乾姜茶

乾姜(かんきょう)とは、生のショウガを乾かしたもの。乾姜は、れっきとした漢方の一種で、生のショウガには含まれていない“ショウガオール”という成分が豊富に含まれています。

 

ショウガオールとは、体を深部から温めてくれる成分のことです。

 

「生のショウガを食べたら体がポカポカした」という経験をした方も多いと思いますが、生のショウガは手先や足先などの血流を促進しますが、ショウガオールが含まれる乾姜は内臓から体を温めてくれます、

 

生のショウガを食べた場合、その瞬間は体が温まったように感じますが、実際は、熱が手先、足先に分散されている状態なので、実は体の内部は冷やされているのです。

 

一方の乾姜は、体を内臓から温めてくれるので、生のショウガほど、瞬間的に「温まった!」という感覚は低いものの、「ジワジワと基礎体温を上げてくれる効果」があります。

 

乾姜は「冷えがひどく体質改善したい…」という人にうってつけの飲み物です。

 

豆乳

豆乳は、大豆イソフラボンが多く含まれる飲み物です。大豆イソフラボンが、育毛に必要不可欠というのは、先に記述した通りです。

 

豆乳は、小さなパックになって、コンビニなどでも売られているので、外出先でも手軽に飲むことができるのが嬉しいですね^^

 

ルイボスティー

ルイボスティーは、南アフリカ原産の“ルイボス”から作られたお茶です。

 

南アフリカの強い日差しと少ない雨の中でたくましく育ったルイボスには、マグネシウムやカリウム、カルシウム、ビタミンといった髪にとって必要な栄養素がたっぷり含まれています。

 

抗酸化力にも非常に優れており、頭皮の紫外線ダメージにも効果があります。ノンカフェインなので、就寝前や妊娠中の方でも安心して飲むことができます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

毎日の食事や飲み物といった食生活を少し意識し改善するだけで、薄毛や抜け毛は予防することができます。

 

忘れてはいけないのは、

 

 

「何気なく口にしている食べ物や飲み物が、そのまま血となり髪となるのです!」

 

 

育毛剤や育毛シャンプーの見直しだけでなく、食生活や、睡眠などの生活習慣の改善なども積極的に取り組んでいきましょう。

 

 

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング


コメントを残す