育毛マニアが考える育毛効果が期待できる成分5選|女性用育毛剤マニア

育毛成分

 

数多くある育毛剤の中から、自分にあった育毛剤を見つけるのは至難の業です。「一体、どれを選べばいいのかな…」とネット上を行ったり来たりしている方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、私が考える「効果を出すために育毛剤に入っていてほしい成分」についてお話していきたいと思います。

 

いかにも効果がありそうなキャッチコピーが並んでいても、結局は、効果の期待できる成分が入っていなければ育毛にはつながりませんので、やみくもに育毛剤を購入する前に一度お目通しくださいね。

 

 

 

育毛マニアが考える育毛効果が期待できる成分5選!

 

私の考える育毛効果に必要な成分は5つあります。まず、最も大切なのは、グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、酢酸トコフェロール。この3つの成分は、育毛剤の要ともいえる部分です。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは、頭皮の嫌な臭いやかゆみ、乾燥によるフケ、べたつきなどの症状を緩和してくれる働きがあります。

 

そもそも上記のような頭皮の不快感は、頭皮に常在する“マラセチア菌”が増殖しすぎたり、反対に減少することが原因だと考えられています。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、このマラセチア菌をコントロールすることにより、頭皮環境を正常に保ってくれるのです。

 

甘草という和漢植物から抽出され、古くから日本でも生薬として利用されてきており、非常に安全性の高い成分です。

 

グリチルリチン酸ジカリウムの働きや成分の詳細については下記の記事を参考にしてみてください。

 

>>>グリチルリチン酸ジカリウムの成分と効果

 

センブリエキス

センブリエキスには、血行促進効果、頭皮環境の改善、毛乳頭細胞の増殖の3つの効果があります。この3つの効果の中で、最も注目するべきは、毛乳頭細胞の増殖です。

 

毛乳頭細胞とは、いわゆる髪の“種”ともいえる細胞のことです。

 

薄毛が進行している状態というのは、この毛乳頭細胞の働きが衰えている状態で、髪が抜けてハゲてしまうのは、毛乳頭細胞自体が働きをやめてしまっている状態です。

 

髪を生やすには、この毛乳頭細胞の数を増やすことが必要不可欠であり、育毛剤には必ず入っていてほしい成分の1つです。

 

センブリエキスの働きや成分の詳細については下記の記事を参考にしてみてください。

 

>>>センブリエキスの成分と効果

 

酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロールも育毛剤に、必ず入っていてほしい成分の1つです。

 

酢酸トコフェロールは、血行促進を徹底的にサポートする働きがあり、やせ細り、コシの無くなった髪の成長をサポートしてくれます。

 

また、抗酸化力にも優れており、皮脂の分泌が体の中で最も多いといわれる頭皮につけることで、頭皮のいやな臭いを抑えることができます。

 

酢酸トコフェロールの働きや成分の詳細については下記の記事を参考にしてみてください。

 

>>>酢酸トコフェロールの成分と効果

 

 

以上3つが、育毛剤に必ず入っていてほしい成分です。ここまでは、あくまで「“最低限”配合されているべき成分」です。

 

これら3つの成分が入っていない育毛剤は選択から除外するのが正解だと育毛マニアは考えます。

 

 

育毛剤に入っているか確認するべき2つの成分がこちら!

 

上の3つの成分は、基本的には、頭皮環境を整えてくれる成分でした。いわゆる畑の“土”の部分を耕してくれる成分ですね。

 

これら3つの成分にプラスして、必要になってくるのが、「髪の“栄養剤”となる成分」です。しっかりと耕されたフカフカの“土”にたっぷりの“栄養剤”をいれていきましょう。

 

髪の原料になる成分

髪の栄養となる成分でおすすめなのが、ミツイシコンブなどから抽出されたアミノ酸です。アミノ酸とは、タンパク質の分子をさらに細かく細かくした成分のこと。

 

髪は、タンパク質で出来ているので、アミノ酸は髪の原料となります。アミノ酸が10種類以上配合されている育毛剤も多く販売されています。

 

アミノ酸の中でも、ミツイシ昆布から抽出されたアミノ酸は特に注目の成分で、中に“FGF5S”という発毛因子を生成する働きがあります。

 

昆布などの海藻が髪に良いというのは昔から言われていましたが、その詳細が近年になって実証されてきたという感じです。

 

女性ホルモンを補う成分

髪の原料となるアミノ酸の他にもう1つ外せない要素が、女性ホルモンを補う成分がしっかりと配合されているかという点です。

 

男性が男性ホルモンの過剰分泌が原因なのに対し、女性の抜け毛や薄毛は、女性ホルモンの減少が大きな原因です。

 

「旦那が使っている育毛剤をちょっと拝借しよう…!」と使っていても望むような育毛効果は期待できません。

 

女性の薄毛や抜け毛の原因である女性ホルモンを補う成分としては、“大豆たんぱく水解物”、“イザヨイバラエキス”、“ヒオウギ抽出液”などは有名です。

 

女性の抜け毛にアプローチしている配合になっている場合は、育毛剤の公式サイトにしっかりとその詳細が書かれていることがほとんどです。逆に、女性ホルモンや女性の薄毛についての言及がない育毛剤は避けるべきということです。

 

 

【まとめ】育毛マニアが提唱する!育毛剤を選ぶときの成分チェックポイント!

 

効果のある育毛剤を選ぶときのチェックポイント

  • グリチルリチン酸ジカリウムは配合されているか?
  • センブリエキスは配合されているか?
  • 酢酸トコフェロールは配合されているか?
  • 髪の原料となる成分(アミノ酸)は配合されているか?
  • 女性ホルモンを補う成分は配合されているか?

 

 

本当に効果のある育毛剤を選ぶチェックポイントは、この5つです。この点をしっかりと確認して購入することで、効果の高い育毛剤を手にする確率がUPします。

 

 

育毛マニアおすすめの本当に効果のある育毛剤がこちら!

99.6%が天然由来成分の「ベルタ育毛剤」

 

ベルタ育毛剤は、女性の薄毛・抜け毛に向けて作られた専用の育毛剤です。育毛剤をお探しの方でしたら、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

ベルタ育毛剤は、上記5つのポイントを満たしているのはもちろんですが、「成分が“ナノ化”されているのが最大の特徴」です。

 

成分の分子が細かくなっているので、しっかりと頭皮の奥深くまで浸透し、育毛効果を最大限に引き出します。

 

 

 

また、育毛剤の99.6%が天然由来成分で出来ており、合成香料や石油系界面活性剤など、肌に負担になる成分が16種類も無添加処方となっているので非常に安全性が高い育毛剤です。

 

「妊婦さんや授乳中の方でも安心して使ってください」と公式サイトに明記されているのはベルタ育毛剤だけです。

 

ベルタ育毛剤についてもっと詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

 

ベルタ育毛剤を実際に使ってみた私の口コミ

 

 

 

敏感肌でも使える育毛剤「マイナチュレ」

 

マイナチュレは、しっかりと5つのポイントを満たしている育毛剤です。

 

敏感肌の方でも使える育毛剤として開発されており、香料や着色料、パラベンなど頭皮にストレスになる成分は一切配合されていません。

 

マイナチュレの最大の魅力は、なんといっても、初回980円と低価格で購入できる点と、6ヶ月の全額返金保証がある点です。

 

現在発売されている女性向けの育毛剤の中で「最もコスパの良い育毛剤」です。

 

マイナチュレの全額返金保証制度のスゴイところは、6か月間使ってみて、効果を実感できなければ、全額返金してくれる点です。容器が必要だったりと多少返金の条件はあるものの、条件を満たせば、全て返金してもらえます。

 

マイナチュレの詳細や返金保証の条件を詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

 

マイナチュレを実際に試してみた私の口コミ

 

 

まとめ

 

本当に効果のある育毛剤を選ぶポイントはお分かりいただけましたか?

 

女性の薄毛・抜け毛は、様々な要因が複雑に絡み合っています。その中で、まず必要なのは、頭皮環境を整える成分(グリチルリチン酸ジカリウム・センブリエキス・酢酸トコフェロール)はしっかりと配合されているかどうか。

 

そして、髪の栄養となる成分がしっかりと配合されているかどうか、女性ホルモンを補う成分が配合されているかどうか?この5点です。

 

薄毛は日々進行します。「なんとなく良さそうだからとりあえず買ってみる」と、効果のないまま、3ヶ月…半年…と時間もお金も浪費してしまいます。

 

しっかりと効果のある育毛剤をしっかりと選び、少しでも早く薄毛の進行を食い止めるようにしましょう。

 

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング


コメントを残す