洗浄成分で効果を見極める!失敗しない女性用育毛シャンプーの選び方|女性用育毛剤マニア

女性用育毛シャンプー

 

美容業界では、“髪はお顔の額縁”とも言われ、肌以上にその人の印象を決める大切なパーツです。

 

シミがなくハリのある肌と同じように、ボリュームのあるしなやかな髪も、実年齢よりも若く見せる効果があります。

 

女性の社会進出が進む現代において、若い年代に限らず、中高年の女性まで、幅広い年齢間において髪への意識は年々高まりを見せています。

 

 

 

シャンプーにおいては、特にその流れは顕著で、1000円を超えるシャンプーが当たり前に売れるようになってきています。

 

私自身、5〜6年程前までは、「シャンプーはトリートメントとセットで798円のもので十分!」と思っていたのですが、ノンシリコンシャンプーが流行りだしたあたりから、1000円以上のシャンプーも手に取るようになりました。

 

ノンシリコンシャンプーの登場で、「高いシャンプーには理由があるんだな〜」と何となく、シャンプーに配合成分を気にするようになったのを覚えています。

 

これまで“なんとなく”価格の安さやCMやポスター、パッケージのイメージだけで購入してましたが、ここ数年は全て裏の成分表示を確認して選ぶようになりました。

 

こうした流れは、私だけでなく、「価格に見合う価値を見いだせれば、効果があるのであれば高額なシャンプーでも買いたい!」という世の中すべての女性の流れです。

 

 

 

こうした流れを受け、育毛機能や白髪予防機能を持たせた女性用育毛シャンプーというものが、近年、多く登場してきています。

 

薄毛でお悩みであれば、「効果があるのならぜひ使ってみたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。女性用育毛シャンプーは平均して、3000円〜5000円くらいが相場です。決して安くはない価格ですね。

 

ここでは、本当に効果のある女性用育毛シャンプーを見極めるために見るべきポイントと成分、その効果についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

女性用育毛シャンプーはまずは洗浄成分をチェック!

 

女性用育毛シャンプーを選ぶもっとも大切なポイントは、洗浄成分です。シャンプーの洗浄成分には、「高級アルコール系」、「アミノ酸系」、「石けん系」と大きく3種類あります。

 

それぞれの洗浄成分の特徴を簡単にまとめると、

 

高級アルコール系

強力な洗浄力があり刺激が強い。少量で泡立ちが良く使用感が良いのが特長。価格が非常に安価。

 

アミノ酸系

マイルドな洗浄力で肌に優しい。泡立ちが良く髪にも頭皮にも良いのが特長。価格は高価。

 

石けん系

マイルドな洗浄力で肌に優しい。髪に軋みが出て全体の使用感は良くない。

 

 

一般的にドラッグストアなどで売られている安いシャンプーのほとんどは、「高級アルコール系」で作られています。

 

シャンプー売り場をよく見まわすと、“カウブランド”や“しゃぼん”といった「石けん系」のシャンプーを見つけることもできます。

 

洗浄の体系でいうと、「高級アルコール系・アミノ酸系」と「石けん系」の2つに分けることができます。「石けん系」のシャンプーは、いわば、石鹸を液体状にしたものなので、ここでの説明は省きますね。

 

「高級アルコール系」、「アミノ酸系」と全く別の成分の様に思うかもしれませんが、実は両方とも“界面活性剤”のことを指しているということはあまり知られていません。

 

シャンプーの役割は、髪の毛の汚れや皮脂などを浮かして除去することなので、油(皮脂)と水を混ぜるために“界面活性剤”は不可欠。そこで、洗浄成分として、どちらかを投入しているというわけです。

 

 

頭皮にも髪にも優しく育毛効果が高いのは“アミノ酸系”シャンプー!

 

ヘアケアに意識の高い方であれば、「アミノ酸系シャンプーは髪にも肌にも優しい」「育毛にはアミノ酸系シャンプーがいい」と、一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

「高級アルコール系」も「アミノ酸系」もどちらも“界面活性剤”に変わりはないのに、アミノ酸系の方が頭皮にも髪にも優しいのには理由があります。

 

人間の体は、約7割が水分、残り3割が筋肉や臓器、骨、髪、爪…などで構成されています。そして、筋肉や臓器、骨、髪、爪…これらすべてはアミノ酸(タンパク質)で出来ているのです。

 

 

 

「つまり、アミノ酸系の洗浄成分は、髪や頭皮はもちろん、私たちのカラダと非常に相性が良い成分ということ。」

 

 

 

アミノ酸系シャンプーは、泡立てたシャンプーで泡パックすることができるのですが、これは、アミノ酸系の界面活性剤が髪のケラチン(=アミノ酸)と結びつき、髪のダメージを補修してくれる働きがあるからです。

 

対して、「高級アルコール系」の界面活性剤は、石油由来のものがほとんどなので、髪にも頭皮にも刺激が強いものとなります。

 

洗浄力は非常にありますが、本来であれば頭皮に必要な皮脂までも除去してしまうこともあるので、頭皮や髪に優しい成分とはいえません。

 

ただ、「高級アルコール系」の界面活性剤をつかったシャンプーは非常に泡立ちが良く、使い心地がいいというメリットがあります。

 

原料価格も「アミノ酸系」のものに比べてかなり安くなりますので、比例して商品の価格が安くなるという利点もあります。

 

 

 

中価格帯(1000円〜2000円)のシャンプーだと、「アミノ酸系」と「高級アルコール系」を混ぜて使っているものもあります。

 

こういったものは、「アミノ酸系配合シャンプーと謳われているので注意」してください。

 

育毛を頑張りたい方には、「アミノ酸系」の洗浄成分だけが配合されたシャンプーを選ぶのがオススメです。

 

 

アミノ酸系シャンプーを見極める成分表示とは?

 

アミノ酸系シャンプーを正しく選ぶには、裏面に書かれてある成分表示をきっちりと読み解く必要があります。ここで面倒なのは、成分表示をみても“アミノ酸”とは書いていないことですね。

 

聞いたこともないカタカナの羅列が、ブワーーーーーーーっとひたすら並んでいるだけなので、慣れるまではなかなか純度100%のアミノ酸系シャンプーを見極めることは難しいですが、一応、アミノ酸系の洗浄成分をのせておきますね。

 

 

アミノ酸系の洗浄成分
  • ラウロイルサルコシンTEA
  • ラウロイルアスパラギン酸Na
  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルアラニンNa
  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイル加水分解ケラチンK
  • ココイルリンゴアミノ酸Na

 

 

…え?もういいですか?笑

 

アミノ酸系の洗浄成分名は、「ココイル〜」や「ラウロイル〜」と表示されていることが多いので、目安にしてもらうといいと思います。

 

また、アミノ酸系のシャンプーは「価格が3000円以上するのが一般的」なので、価格もアミノ酸系を見つける目安になります。

 

ただ、価格の高いシャンプーはなかなか市販では売れないので、ドラッグストアなどで売っているのは稀ですね。通販や美容室で売られていることがほとんどです。

 

 

トラブルが出ない!アミノ酸系シャンプーの正しい使い方とは?

 

アミノ系シャンプーは非常にマイルドな洗浄力で頭皮環境を整えてくれるので、育毛に最適なシャンプーです。

 

しかし、使い方を間違えると、痒みなどの頭皮トラブルが出てしまうこともあります。アミノ酸系シャンプーを使う前に、一度、正しい使い方を確認しておきましょう。

 

 

頭皮をしっかりとブラッシングする

まず、お風呂に入る前に、しっかりと頭皮をブラッシングします。毛穴につまった皮脂や汚れを掻きだすのがブラッシングの目的です。髪の生えている方向と逆方向に、頭頂部にむかってブラシを通します。

 

ぬるま湯で予洗いをする

次に、シャンプーを付ける前に、36度くらいのぬるま湯で1〜2分間予洗いします。お湯でできるだけ汚れを落とし、皮脂を浮かしておきます。

 

シャンプーする

予洗いが終わったら、いつも通りシャンプーをします。指の腹で、頭皮をマッサージするように優しく洗っていきます。

 

泡パックする

時間がある日は、シャンプーが終わった後に、泡パックするのもオススメです。1度シャンプーをしているので、少量でかなり泡立ちます。泡パックをすることで、アミノ酸やその他の有効成分が頭皮や髪に浸透していきます。

 

しっかりと洗い流す

シャンプー、または、泡パックが終わったら、36度くらいのぬるま湯でしっかりと洗い流してください。アミノ酸系シャンプーは髪や肌と相性がいいので、いつも以上にしっかりと洗い流すようにしましょう。この時、洗い流しが足りないと、かゆみやフケなどの頭皮トラブルの原因になります。

 

 

 

以上が、アミノ酸系シャンプーの正しい使い方です。特に、抑えておくべきポイントは、「予洗いとしっかりと洗い流すこと」ですね。

 

また、アミノ酸系シャンプーを使って、軋みが気になる…という人は、アウトバスのヘアオイルをつけるのもおすすめです。

 

髪が濡れた状態でオイルをつければ、髪がツルサラになりますし、ドライヤーの熱からも髪を守ってくれます。

 

 

私のオススメするアミノ酸系育毛用シャンプーはこれ!

 

アミノ酸系シャンプーは、市販で販売されていることは少なく、美容室やインターネットで購入することができます。

 

ネットなどで検索するとたくさんの女性用育毛シャンプーがでてきますが、私がおすすめするのは以下の2つのシャンプーです。

 

 

haru「黒髪スカルプ・プロ」シャンプー

 

薄毛や白髪といった40代以降の髪の悩みに合わせて開発されたアンチエイジングシャンプーです。高品質なアミノ酸系洗浄成分を使用しており、頭皮環境を整え、健やかな髪へと導いてくれます。

 

白髪予防やカラーやパーマの持ちを良くしてくれる「ヘマチン」やダメージを補修しツヤを生み出す「羊毛ケラチン」などの有効成分が豊富に配合されています。

 

ハリ・コシがなくなってしまった髪や白髪でお悩みの方におすすめのシャンプーです。

 

haru「黒髪スカルプ・プロ」を実際に使ってみた私の口コミ

 

 

 

無添加シャンプー「マイナチュレ」

マイナチュレシャンプーの口コミ

 

年齢に伴う、髪の老化が気になっている人におすすめのシャンプーです。頭皮にとって余計なものは一切入っていない、肌に優しい、無添加シャンプーです。

 

密閉ボトルに入っているので、雑菌の繁殖や酸化を気にすることなく、お肌の弱い方でも安心して使っていただけます。

 

シャンプーと一緒にコンディショナーも販売されているので、アミノ酸系シャンプーの軋みが気になる人におすすめです。

 

マイナチュレシャンプーを実際に使ってみた私の口コミ

 

 

まとめ

 

世の中に数多くある育毛シャンプーですが、よくよく成分をみていくと、安価な高級アルコール系の洗浄成分が配合されているということが多々あります。

 

ベースは398円のシャンプーと変わらないのに、育毛成分をちょこっといれて、数千円で売っていることも…。

 

いくら育毛効果のある有効成分が入っていても、髪や頭皮環境をまもる洗浄成分が配合されていなければ、その効果は半減してしまいます。

 

品質が高く、育毛効果のあるシャンプーを手にするには、私たち消費者もそれを「見極める“知識”」を持たなければいけないのです。

 

キャッチコピーの良さやパッケージのイメージに振り回されずに、価格と価値の見合った効果の高いシャンプーを選んでくださいね。

 

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング


コメントを残す