年齢によって女性の抜け毛の原因は違うの?|女性用育毛剤マニア

年齢 抜け毛 原因

 

一般に“抜け毛”というと、老化現象というイメージが強くあり、若い世代でも抜け毛や薄毛で悩んでいる人が多くいることは意外に知られていません。

 

まだまだ見た目は20代と変わらないと思っている30代から薄毛が進行する場合もありますし、妊娠や出産を機に薄毛が加速する場合もあります。

 

しかし、ひと言に“薄毛”や“抜け毛”といっても、その原因は数種類あります。そして、その対策も、原因によって変わってきます。

 

ここでは、成人女性の年代や年齢における“抜け毛”のリスクが高まる原因や、“抜け毛”の種類や症状、原因、対策を細かく見ていきたいと思います。

 

 

 

 

年代・年齢別でみる女性の抜け毛の原因とは?

 

20代の主な抜け毛の原因とは?

まず、若年で、女性の薄毛が加速する原因の最大のきっかけは「妊娠・出産」です。

 

お腹の中にいる赤ちゃんを守ろうと、妊娠中は女性ホルモンの量が増加し、出産後、正常値に戻っていきます。

 

女性ホルモンは、太く健康な髪の毛が生えるよう働きかける役割があるのと同時に、毛周期とよばれる、髪の毛1本1本の寿命を延ばし抜けないようにサポートする役割があります。

 

ですので、妊娠中は、髪の毛に限らず体毛など全ての毛が濃くなる傾向があります。そして、出産後、女性ホルモンが正常値に戻っていくと同時に、本来であれば抜けるはずだった髪が一気に抜けていきます。

 

 

 

この時の抜け毛は、本来であれば抜けている毛なので、心配する必要はあまりないと考えられています。

 

ただ、妊娠中は抜け毛が少ないので、その落差に驚いて、「このままハゲてしまうのでは…」と心配になってしまうんですね。

 

実際、出産後は、女性ホルモンが正常値に戻るだけでなく、授乳や夜泣きによる睡眠不足やストレスにより、頭皮環境は悪化してしまいます。

 

いずれは改善する産後の抜け毛ですが、個人的には、赤ちゃんの授乳や夜泣きストレスから解放されるまでは、育毛剤やサプリで髪の成長をサポートすることがおすすめです。

 

 

 

30代の主な抜け毛の原因とは?

また、女性の社会進出がすすむ現代において、女性の初産年齢は高年齢化しています。平成28年度の厚生労働省の調査では、第一子の出生時の母親の年齢の平均は30.7才。

 

大学に行って仕事をして出会いを探して…としていれば、この年齢になってしまうのも何ら不思議ではありません。

 

30代に妊娠・出産をした場合、「抜け毛や薄毛のリスクも20代の時より高まってしまう」ので注意が必要です。

 

妊娠・出産時の抜け毛の原因が、女性ホルモンの分泌量の増減だということがお伝えした通りですが、30代の女性の体は、40代に向けて徐々に女性ホルモンを減らしていく時期です。

 

20代の出産だと、ホルモン量が正常値に戻れば、抜け毛の症状も落ち着いてきますが、30代の出産だと、出産で減少した女性ホルモンが上昇せずにそのまま減少していく可能性があるのです。

 

 

 

女性ホルモンは、しなやかでコシのある健康な髪をつくる働きもあるので、女性ホルモンが減少すると、髪は細くボリュームがなくなります。

 

20代であれば、出産後に抜け毛がひどくても、しばらくすれば抜け毛は改善し、これまで通りの太く健康な髪の毛が生えていたものが、30代になると、抜け毛はある程度改善しても、次に生えてくる髪は細くコシのないものになってしまうのです。

 

特に、35才以降は、女性ホルモンの分泌量は一気に減少していきます。髪の毛が抜けるまではいきませんが、髪質がうねりやすくなったり、ボリュームがなくなったり…と変化を実感する年齢です。

 

髪質の変化は、あまり薄毛と結びつけられることがありませんが、実は薄毛の初期症状ですので、「昔はストレートだったのに、最近クセがでたなぁ…」などと感じた時は、早急に育毛ケアを始めましょう。

 

40代に近づくにつれて、髪がだんだんと細く、コシやハリがなくなっていきます。

 

 

 

40代・50代の主な抜け毛の原因とは?

分け目薄い原因

 

35才以降減少してきた女性ホルモンが徐々に減少していき、生理の回数や量が減り、40代〜50代は、女性のカラダは閉経を迎えます。

 

“更年期”の症状は、髪質や量の変化のほかに、食欲不振や皮膚の湿疹・乾燥、精神不安なども引き起こしますので、この時期、女性ホルモンの減少や栄養不足、頭皮環境の乱れにより、抜け毛に悩む女性は一気に増加します。

 

女性のライフサイクルの中で、「最も抜け毛の症状が起きやすい時期」といえます。女性ホルモンは、健康で若々しい髪を育む働きがあるので、このホルモンが減少することで、抜け毛が加速します。

 

この時期の脱毛は、FAGA(男性女性脱毛症)と呼ばれています。

 

詳しくは後述しますが、FAGAは、男性のように髪が毛根から抜けるのではなく、髪1本1本が細くなり、ボリュームがなくなるが特徴です。育毛剤やシャンプーを見直すことで、FAGAの症状は緩和することができます。

 

 

 

60代以降の主な抜け毛の原因とは?

60代以降は、閉経に伴う女性ホルモンの乱高下が落ち着いてきます。ホットフラッシュや高血圧、食欲不振といった辛い更年期の症状から抜け出し、毎日を穏やかに過ごせるようになります。

 

子供も成人し、経済的にも精神的にも余裕がでてきます。お孫さんができたりする時期なので、お守りで忙しい人もいるでしょう。

 

精神的には安定しているので、ストレスによる抜け毛で悩む人は少なくなりますが、女性ホルモンの減少が原因のFAGAの症状の人は増加していきます。

 

「もうおばあちゃんだし薄毛も仕方ないか…」「年齢を考えるとこんなものかな…」と思いがちですが、FAGAは、適切なケアをすることで改善していきます。

 

いつまでも若々しい“おばあちゃん”でいるために、育毛剤や育毛シャンプーを取り入れ、食生活や生活習慣なども見直していきましょう。

 

 

 

年齢関係なし!抜け毛の種類は大きく3つ!

 

女性の抜け毛の原因は、年齢・年代ごとに様々ありますが、実は抜け毛の種類は、3種類しかありません。

 

  • 女性ホルモンの減少による抜け毛
  • ストレスによる脱毛
  • 頭皮の炎症による抜け毛

 

 

この3種類です。育毛剤や育毛サプリメントの効果が最もあるのは「女性ホルモンの減少が原因の抜け毛」です。

 

ストレスや頭皮の炎症が原因の抜け毛は、育毛剤の効果は限定的で、まずはストレスの原因を取り除くために心療内科に行ったり、炎症を抑えるために皮膚科に行ったりするほうが効果的です。

 

自分の抜け毛や薄毛の原因をしっかりと見極め、適切なケアをしてきましょう。

 

 

女性ホルモンの減少による抜け毛

生理や妊娠、出産のイベントがある女性にとって、女性ホルモンは切っても切れない存在です。抜け毛や薄毛で悩んでいる8割が、女性ホルモンの減少が原因です。

 

このホルモンは、思春期に向けて徐々に分泌量を増やし、子供のカラダをより“女性らしく”導いていき、30代にかけて“妊娠しやすい体”を維持してくれます。

 

35歳くらいからは、卵巣機能が落ちてくるのでそれに伴い、徐々に分泌量が減り、50代にかけて女性のカラダはやがて閉経を迎えます。

 

女性ホルモンは、妊娠しやすい体内環境を整える以外にも、キメの細かい肌やボリュームやツヤのある健康な髪を作る働きもあります。

 

30代、40代になると、肌のアラが目立ち始め一気に老け込んだ気がするのは、この女性ホルモンの減少が大きく関係しているのです。

 

 

 

女性ホルモンが減ると、初期症状として、髪質が変わったり、うねったりします。そして、年齢を重ねるとともに、だんだんと、コシやツヤがなくなり、細くボリュームのない“薄毛”に悩まされるようになります。

 

この女性ホルモンの減少に関連した女性の薄毛の症状が、いわゆるFAGA(女性男性脱毛症)です。

 

早い人だと30代からこのFAGAの症状が出始め、年齢が上がるにつれて、FAGAで悩んでいる女性は増加していきます。

 

男性に男性ホルモンが原因のAGAと呼ばれる薄毛の症状があるように、女性にも女性ホルモンが原因の薄毛の症状があるのです。

 

男性の薄毛であるAGAの症状が、ツルっと波平さんのように剥げてしまうのに対し、FAGAはハゲることなく、髪1本1本が細くなっていくのが特徴です。

 

 

 

女性ホルモンの減少に比例して、徐々に症状が進んでいくので、FAGAは自覚しにくいという難点があります。

 

特に、30代で出産した人だと、抜け毛や髪のボリュームの変化があっても「出産のせいかな…?」と思ってしまい、FAGAの症状を見逃がしてしまいがち。

 

子育てに追われ、鏡を見る時間も減るので、40代、50代になって「…あれ?すごい老けて見える…おばさんだな…」と落ち込んでしまうことになるわけです。

 

薄毛のケアは、早ければ早いに越したことはありません!「あれ?まずい?」と思ったその日が育毛ケをアスタートするベストな日!

 

見たくない気持ちはわからなくはないですが、女性ホルモンは加齢とともに減少していく一方で、放置していても改善することは絶対にありません。

 

 

産後の抜け毛も女性ホルモンが影響している?

出産後に、抜け毛がひどくなるのもこの女性ホルモンが関係しています。

 

妊娠時は、赤ちゃんが流産しないように、カラダは「妊娠を継続せよ!」と、女性ホルモンを大量に分泌し続けています。

 

妊娠を経験した方であればわかると思いますが、妊娠中はお腹に毛が生えたり、髪の毛が増えたりと全体的に毛量が増えます。これは、すべて大量の女性ホルモンの影響です。

 

10か月間、細胞は毎日フルスロットルで活動しているのです。そして、10か月を迎え、無事に赤ちゃんを出産すると、女性ホルモンの分泌量ガクンと減り、その後、通常に戻っていきます。

 

「産後抜け毛がひどい…」「子供を産んで年をとった…」というのは、この女性ホルモンがガクンと減っているからそう感じるのですね。

 

20代の出産でしたら、いずれ女性ホルモンが正常値に戻れば、髪も徐々に改善していきますが、20代後半や30代の出産であればそのまま女性ホルモンが減少していき、薄毛につながっていく可能性があります。

 

「自分は出産が遅かったから心配…」「出産後1年以上経つのに抜け毛が改善しない…」という方は、是非、育毛ケアを始めましょう。

 

 

 

 

ストレスによる脱毛

 

人間は生涯を通して、職場や学校、家族との関係、金銭的な不安、将来への不安…とさまざまなストレスを受けています。

 

このストレスに対する感じ方には個人差があり、ストレスをエネルギーに変えれる人もいれば、ストレスで潰れてしまう人もいます。

 

ストレスを力に変えれる人であれば問題ないのですが、ストレスをそのまま心で感じ取ってしまう人であれば、ストレスが“抜け毛”につながっていきます。

 

ストレスが原因の“抜け毛”の症状としては「抜毛症(ばつもうしょう)」や「円形脱毛症」が有名です。

 

 

抜毛症(ばつもうしょう)

抜毛症とは、その名の通り、「自分で自分の髪を無意識に抜いてしまう症状」です。抜毛症は患者の8割が女性と言われていますので、女性は特に注意が必要です。

 

爪を噛んだり、指をしゃぶったりする癖と同じで、髪の毛を自分で抜くことで溜まったストレスや不安を緩和する役割があります。

 

自分で毛を抜いているので、利き手側の側頭部や前頭部が薄くなっていることが多いです。この場合、髪の毛自体に問題はなく、育毛剤やサプリメントを使うのは意味がありません。

 

不安やストレスの原因を排除し、症状が深刻なようであれば、心療内科を受診することをオススメします。

 

円形脱毛症

円形脱毛症という言葉を、多くの方は、一度は耳にしたことがあると思います。円形脱毛症の原因は、抜毛症と同じようにストレスや不安が原因です。

 

強いストレスを感じることで、免疫機能に異常が起こり、髪の毛が作れない状態になります。抜毛症が“自分で毛を抜いてしまう”症状なのに対し、脱毛症は、“毛が抜けてしまう”症状といえます。

 

症状は、抜毛症と非常に似ているので、ぱっと見では見分けるのは困難です。

 

しかし、症状がある部分の髪を引っ張ると、抜毛症の場合は毛根がしっかりとしているので抜けることはないのに対し、免疫疾患やアレルギーが原因である円形脱毛症の場合はスルリと髪が抜けるという特徴があります。

 

円形脱毛症の対策は、まだまだ不明な点も多いですが、ステロイド注射をしたり、紫外線を照射したりといった皮膚科での治療で効果がでることが多いです。

 

不安やストレスの原因を排除し、症状が深刻なようであれば、皮膚科と同時に心療内科を受診するようにしてください。

 

 

 

頭皮の炎症による抜け毛

頭皮の炎症は、アトピーなどのアレルギーや、生活習慣の乱れ、体質、外的刺激などさまざまな原因により、頭皮の状態が悪くなり、バリア機能が低下してしまうことにより起こります。

 

頭皮の状態が悪くなりフケや皮脂が出ると、それらが毛穴に詰まってしまい抜け毛の原因になります。

 

頭皮の炎症が原因の抜け毛は、体質や肌質による部分が大きいので、年齢に関係なく起こる人には起こるといった感じですね。

 

頭皮の炎症による抜け毛の改善には、生活習慣の改善や育毛剤の使用、シャンプーの見直しなどが効果的。髪の主成分ケラチンの素であるタンパク質や、ビタミン、ミネラルの多い食生活を心がけましょう。

 

さらに、良質な睡眠をとることで、アレルギーの起きにくい体質を作ることができるので、睡眠時間もたっぷりととるようにしてください。

 

髪に必要な栄養を補い、血行を促進する効果のある育毛剤の使用も効果があります。また、炎症が起きている頭皮は、非常にデリケートな状態になっていますので、頭皮をいたわりながら洗うことのできるアミノ酸系のシャンプーもおすすめです。

 

洗浄成分で効果を見極める!失敗しない女性用育毛シャンプーの選び方|女性用育毛剤マニア

 

 

頭部の炎症による抜け毛の症状は、「アトピー性皮膚炎」や「頭部白癬症」が主なものです。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎が原因の抜け毛は、頭皮が乾燥し肌を守ろうと過剰に皮脂が分泌される“ドライオイリー”といわれる症状や、乾燥で頭皮がかゆくなり掻き過ぎることで引き起こされます。

 

掻き傷から雑菌が入ってしまい抜け毛につながることもありますし、あまりにも症状がひどいと、毛根の組織まで炎症が及び、抜け毛が進行してしまうことも…。

 

アトピーの症状がある人は、その痒みなどのストレスから、「抜毛症」や「円形脱毛症」などのストレス性の脱毛を引き起こしてしまうこともあります。

 

皮膚科に行ったり、食生活を改善したりして、まずは体質や症状を改善することが重要です。

 

頭部白癬(しらくも)症

頭部白癬症は、頭に白癬菌が繁殖してしまった皮膚病の一種です。パラパラとした大量のフケや白っぽいかさぶたなどがあれば、白癬症を疑いましょう。

 

白癬菌は、水虫のように人から人へと感染します。家族や友人に白癬症の人がいれば、タオルや帽子を貸し借りするのは避けたほうが賢明です。

白癬症は、ほっておいても改善することはないので、「もしかして…」と思ったら、速やかに皮膚科を受診しましょう。

 

白癬症での抜け毛は、円形脱毛症と症状が似ており判断が難しいですが、いずれにせよ、皮膚科を受診するようにしてください。

 

 

 

 

 

まとめ

 

抜け毛が起こると、「いきなり毛がこんなに抜けるなんて…このまま薄くなって禿げてしまうのでは?」と不安になり、藁をもつかむ思いで、高い育毛剤やサプリメントに走ってしまいがち…。

 

しかし、育毛剤やサプリメントを頼むよりも、まずは、「抜け毛の原因を把握することが何より先決」です。

 

抜け毛の原因によって、育毛剤やサプリが効果がないものもありますし、反対に高い効果を期待できるものもあります。

 

やみくもに高い育毛剤を買っても、実は、あなたの抜け毛には全く効果がなかったら意味がありません。

 

女性の抜け毛は、「ストレス」「頭皮の炎症」「女性ホルモンの減少」の3種類しかありません。

 

抜け毛の種類を把握できれば、

 

 

「今起きている抜け毛の原因をある程度絞り込むことができる→あなたのの抜け毛にとって最も効果のある対策をとることができる→毛を生やす」

 

 

こんな感じで一番の近道を選ぶことができるのです。

 

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング


コメントを残す