ミノキシジルの成分と効果|女性用育毛剤マニア

ミノキシジルと女性用育毛剤

 

1999年、日本で初めて厚生労働省によって発毛効果が認可された成分、ミノキシジルが配合された育毛剤「リアップ」が発売されました。

 

それまでは、育毛剤というと、「髪に良い成分が入っている」程度のもので、本当に毛が生えるのか?臨床結果があるのか?などがひどく効果が曖昧なものが多い時代でした。

 

そんな中、初めて“医薬品”として、その発毛効果が認められた成分ミノキシジルは、世の薄毛で悩む人たちの注目を一身に浴び続けてきました。

 

ここでは、そんなミノキシジルの発毛効果や摂取方法、副作用についてみていきたいと思います。

 

 

 

 

ミノキシジルの発毛効果とは?

 

ミノキシジルは、元々、血圧を下げる薬として1960年に開発された成分です。

 

ミノキシジルを処方された高血圧の患者さんが、「血圧も下がったけれど、体毛も濃くなってきた…!!」という報告が数多くされ、「ミノキシジルは発毛効果もあるんじゃないの?」ということで、発毛分野で研究が進められたという経緯があります。

 

ただ、実は、ミノキシジルのどの作用で髪の毛を含む体毛が濃くなっているかは未だにわかっていません。

 

血圧を下げる作用があるので、毛細血管が拡張し、血液中の栄養が毛根にしっかりと届いているから…というのが今のところ有力な考えです。

 

 

 

現在、日本で「発毛効果がある」と厚生労働省に認可されているのは、このミノキシジルとフィナステリドの2種類だけ。

 

フィナステリドは「男性ホルモンによる薄毛を改善する」成分です。女性の薄毛FAGAではなく、男性の薄毛であるAGAにより効果がある成分なんです。

 

ということで、現段階で、女性の薄毛に発毛効果があると厚生労働省に認められている成分は「ミノキシジルだけ」なのです。

 

ミノキシジルは、外用薬と内服薬として摂取することが一般的です。市販の育毛剤で、ミノキシジルが配合されているのは、現段階ではリアップのみ。配合濃度は1%〜と決して高いものではありません。

 

しかも、リアップは第一類医薬品に指定されているので、薬剤師の常駐するドラッグストアでしか購入することができません。市販されているといってもどこでも買えるわけではないんですね…。

 

また、ロゲインやカークランドといった海外の育毛剤には、2〜5%のミノキシジルが配合されていますが、日本での販売は認可されていないので、個人輸入でしか手に入れることはできません。

 

ミノキシジルを高配合したクリームや内服薬がほしいのであれば、薄毛治療をしているクリニックで処方してもらうしか方法がありません。ただ、保険は適用されませんので、月に1万〜2万程度かかります。

 

薄毛で悩んでいる人が数多く存在しているのに、なかなか使うのにハードルのあるミノキシジル。

 

「もっと手軽にミノキシジルが手に入ったらいいのに!」と思いますが、実はミノキシジルは、血圧降下剤として開発された経緯から「めまいや胸の痛み、不整脈などの副作用が起こる可能性がある」のです。

 

次の項目では、ミノキシジルを使用する際の注意点や副作用についてお伝えします。

 

 

 

ミノキシジル使用時の注意点とは?副作用は?

 

元々、血圧降下剤として開発されたミノキシジルの使用には注意が必要です。血管を広げ、血圧を下げるので、「心臓既往症がある人」は使用の前にお医者さんに一度相談することをおおすすめします。

 

薄毛治療のクリニックでは、ミノキシジルを注射で頭皮に打つところもありますが、心臓既往症のある人はもちろん、健康な方でも担当のお医者さんにしっかりと診てもらうようにしましょう。

 

副作用に関しては、外用薬よりも内服薬の方が危険性が大きくなります。

 

 

ミノキシジルの副作用

フケ、かゆみ、発疹、頭痛、めまい、胸の痛み、手足のむくみ、動悸、不整脈、体重増加など

 

これらがミノキシジルの副作用です。血圧降下剤として開発されたミノキシジルですが、副作用が多いため、現在では発毛目的以外に処方されることはありません。

 

というか日本では、副作用がありすぎて、そもそも血圧降下剤としても認可が下りていないんですね。

 

といってもミノキシジルは全世界で処方されており、副作用が起こる可能性がめちゃくちゃ高いわけでもありません。

 

ただ、「こんな副作用が起こるかもしれないんだな…」と気に留めてもらい、使用時に少しでも異常を感じればすぐにお医者様に相談するようにしてください。

 

 

 

 

まとめ

他の育毛成分に比べて、副作用の起こる可能性のあるミノキシジルですが、やはりその発毛効果は医学的な根拠のあるものになっています。

 

「とにかく効果を出したい!」という方は、ミノキシジル入りの育毛剤(外用薬)や内服薬を処方してもらえる、薄毛治療クリニックに行くことをおすすめします。

 

 

FAGAは薬で治る?クリニックの特徴と治療法|女性用育毛剤マニア

 

 

 

コメントを残す