フコイダンの成分と効果|女性用育毛剤マニア

フコダインと女性用育毛剤

 

「フコイダン」ってご存知ですか?「え〜知らな〜い!なにそれ?」という方も、きっと一度は口にしたことはあるはず。

 

フコイダンとは、納豆やめかぶ、山芋などの「ネバネバ」成分のことです。

 

ネバネバしている食べ物は、体に精がつくと昔から言われており、夏バテなどで食欲が落ちた時などにご飯にプラスして食べると意外に食べれたりしますよね。

 

最近の研究では、この「ネバネバ」に体の免疫力を高める働きがあり、アンチエイジング美容にはもちろん、がん予防や育毛にも効果があることがわかってきました。

 

ここでは、フコイダンの成分やその効果について詳しくまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

フコイダンに期待できる効果とは?

 

フコイダンには、大きく5つの健康増進効果があると考えられています。

 

免疫力UP

フコイダンには、人間の免疫細胞を活性化する働きがあります。人間の免疫機能は、「ナチュラルキラー細胞」と「マクロファージ」という細胞の働きによって守られているのですが、この2つの免疫細胞を活性化してくれるのがフコイダンです。

 

「ナチュラルキラー細胞」とは、リンパ球の一種で、体内に侵入してきたウイルスやガン細胞を退治する細胞です。

 

健康な人でも、毎日3000〜5000個ほどは健康な細胞ががん細胞に変異しているといわれており、この変異した細胞を早い段階で退治することによってガンを予防することができるということがわかっています。

 

そして、白血球の一種である「マクロファージ」は、大食細胞とも呼ばれ、体内に入ってきた有害なウイルスを食べてくれる細胞です。

 

フコイダンは、これらの免疫細胞を活性化することで、風邪をひきにくい、ガンになりにくい、健康な体を作り上げます。

 

 

抗アレルギー効果

「ナチュラルキラー細胞」や「マクロファージ」が活性化され、体の免疫力があがると、それに比例してアレルギー症状も緩和していく傾向にあります。体の免疫力が高まっていれば、特定の成分に過剰に反応することが減少するのです。

 

 

胃を守る効果

フコイダンには、胃を守る働きもあります。胃にとって有害な物質といえば…そうピロリ菌。健康診断などで「ピロリ菌が増えていますから、薬で散らしましょう」といわれた人も多いのではないでしょうか。

 

ピロリ菌は、胃の粘膜を溶かしてしまう「酸」を作るので、ピロリ菌が増えすぎると胃がんや胃炎などのトラブルを引き起こしてしまいます。

 

そんな有害なピロリ菌ですが、実は、フコイダンはピロリ菌が大好物!フコイダンのネバネバがピロリ菌に吸着し、そのまま腸へと押し流してくれます。

 

 

肝臓を守る効果

近年の研究で、フコイダンには肝臓を守る働きがあることもわかってきました。肝臓は再生能力の高い臓器で、例えば、手術で肝臓の約7割を除去したとしても、約半年で元の大きさまで戻ることで知られています。

 

肝臓の再生を誘引するのが、「肝細胞増殖因子」という成長因子なのですが、フコイダンはこの成長因子を産生するよう促進する働きがあります。お酒を頻繁に飲む方は、おつまみにフコイダンを食べるといいかもしれませんね。

 

 

育毛効果

フコイダンには、さらに、育毛効果もあることが明らかになっています。昔から、「コンプやワカメは髪に良い」と言われていましたが、その「良い成分」の正体は、フコイダンだったのです。

 

フコイダンの育毛効果としては、保湿力UP、抗炎症作用、紫外線ケア、FGF-7(成長因子)の増加などが挙げられます。

 

多くの育毛効果がありますが、このなかで一番効果の注目株なのは、FGF-7(成長因子)の増加ですね。

 

FGF-7とは、毛母細胞で働いている、髪の毛の成長を促進する成長因子です。毛髪はもともと、毛根にある毛母細胞と呼ばれる細胞内で分裂を繰り返し作られているのですが、この細胞分裂をスピードアップしてくれるのがフコイダンというわけです。

 

 

 

フコイダンが含まれる食べ物とは?効果を最大限引き出す食べ方とは?

 

フコイダンが多く含まれる食べ物は、「昆布、めかぶ、もずくなどの海藻類」です。

 

海藻類は、その他にも普段の食事ではなかなか摂取しにくいミネラル類も多く含まれているので、薄毛対策にはとても有効な食べ物といえます。

 

海藻類の中でも、北海道・函館周辺でとれる「ガゴメ昆布」には、通常の真昆布の約2〜3倍のフコダインが含まれています。

 

フコイダンの効果を最大限に引き出す食べ方としては、フコイダンは熱に強いので、煮ても焼いてもOK!

 

ただ、フコイダンは体に吸収されにくい性質があるので、食べるときには、なるべく空腹時にフコイダン単品で食べるほうが効果的です。

 

他の食べ物と食べてしまうと、フコイダンのネバネバが他の食べ物にくっついてしまい、そのまま便として排出されてしまいやすくなるのです。

 

といっても、なかなか空腹時に昆布を食べるというのも難しいですよね…。まずは、朝食時に一番初めに食べると取り入れやすいかもしれません。朝食にフコイダン。是非一度お試しください。

 

 

 

フコイダンの育毛剤の副作用は?安全性は?

 

昆布やわかめなど、フコイダンが多く含まれる食べ物は、私たち人類が何千年も食べ続けてきたものです。食べて体に良いことはあっても、悪いことはありません。

 

フコイダンが配合された育毛剤などがありますが、安心してお使いください。ただ、昆布アレルギーなどのアレルギーをお持ちの方は、育毛剤の使用は控えたほうが良いかと思います。

 

育毛剤の成分は、血行促進や頭皮環境改善などに効果があることが多いですが、フコイダンは、毛母細胞に直接働きかけることができる成分です。

 

これまでとは違うアプローチの育毛成分になりますので、興味のある方は一度使ってみるといいかもしれませんね。

 

 

フコイダン配合の女性用育毛剤

 

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング


コメントを残す