つむじの薄毛で悩んでいる女性の体験談を集めてみました!

つむじ 薄毛 体験談

 

つむじの薄毛、悩んでいる方が多いポイントでもあります。ところで「つむじ」って、改めて考えると不思議だと思いませんか?

 

2つある方もいたり、頭頂部だけでなく、額の生え際につむじのある方もいますよね。つむじって何のためにあるんですかね?ということで、気になるので調べてみましたら、

 

頭部の毛髪が放散するようにうずを巻いている部分のことである。主に頭頂部に見られる。右巻きのつむじと左巻きのつむじの二通りがある。一箇所のみの人が大多数であるが、時にはつむじを持っていない人や複数のつむじを持つ人もいる。つむじは人間以外の動物にも見られる。

(引用元:Wikipedia)

 

 

とのことでした。余談ですが、つむじが2つある人は天才肌なんだとか。あのイチロー選手も納得のつむじ2個保持者です(笑)。

 

え?私ですか?私はもちろん凡人のつむじ1個、大多数と同じ左巻きです(笑)。

 

 

 

さて、つむじの辺りが薄毛で悩んでいる、という人も多いということをよく耳にします。「つむじハゲ」なんて言葉もあるそうです。

 

実際、自分がつむじの薄毛で悩んでいたら、「つむじハゲ」なんて傷つきますけどね…。

 

男性なら開き直って笑いにかえられるかもしれませんが、女性はそういう風には自虐できませんよね。では、今回はつむじの薄毛で悩む女性の体験談を3つご紹介いたします。早速行ってみましょう~♪

 

 

 

 

 

つむじの薄毛で悩んでいる女性の体験談

出産して1年が経過した頃にも抜け毛が自然回復することなく…

33歳・パート販売員・既婚

3年前に出産をしましたが、それ以来、頭皮のことや抜け毛の事でいろいろと考えるようになりました。最初は出産をすると女性ホルモンの関係からどうしても抜け毛になるけれど、1年もせずに自然回復するので、あまり気にしないようにとの話を聞いていました。

 

しかし、出産して1年が経過した頃にも抜け毛が自然回復することはなくて、頭皮のべたつきや、いきなりの乾燥、髪のボリュームも少なくなってきた事を日増しに感じるようになりました。

 

ネットの口コミやママ友などのアドバイスを受けて、シャンプーの仕方を変えてみたり、洗髪後はきちんとドライヤーで乾かしたり、パーマも髪染めも自粛をしました。

 

本当は産後に髪を染めたり、パーマをかけたりしたかったのですが、抜け毛が気になる場合はやめた方がいいとの美容師さんのアドバイスもあり、毎回カットだけしていました。

 

しかし、髪のボリュームは一向に出なくて、不安になっている時に、久々の同窓会がありました。

 

私は結婚してからは参加していなかったので、5年ぶりくらいの参加だったので凄く嬉しくて当日は夫に子供を預けて、自分なりのおしゃれをして会場へ向かいました。

 

年に2~3回は会っている気心がしれたメンバーも参加しているので、緊張することなく、以前のように沢山の人と盛り上がれました。

 

会も終わりの方になり、記念撮影をするのでみんなで並びました。先生を囲んで3列になり並びました。

 

その時に私の後ろに並んだ男子から「髪がきてるよ~~」と冗談交じりで言われました。その時は場を盛り上げようとしてなのか?みんな、おばちゃん、おじちゃんになってきたな~の意味を込めて言ったと思いますが、凄く嫌でした。

 

一気に同窓会へ来た事を後悔しました。周りの友人はお酒も入ってたし、悪気はないよと言ってくれましたが、本当にその言葉を境に頭皮と髪の毛のケアをしようと心に決めました。

 

同窓会のあの一言にどんよりした翌日でしたが、気を取り直して、育毛剤を探す事にしました。夫も理解をしめしてくれて、お金がかかってもいいよと言ってくれたので、心強かったです。

 

あらかたどの育毛剤を使うか気持ちは決まりましたが(ネットの育毛剤ランキングを参考にしました)、使うからには半年間は効果が出なくてもじっくりやってみるつもりです。

 

33歳なのでまだまだ改善の余地はあると思っています。期待を込めて育毛剤を使ってみようと思います。

(引用元:発毛育毛まとめサイト)

 

 

 

いかがですか?同窓会での男子の一言、傷つきますよね~!当の女性より、読んでる私のほうがムカついてきちゃいました。本当にオトコって無神経ですよね!!(怒)なにもみんなの前で言わなくても!

 

でも、その人がそう言ってくれたおかげで積極的に育毛ケアをしようと思えたわけなので、まわりまわって良しとしますが、その時の気持ちは痛いほどわかります。

 

まあ、旦那さんも理解のある人だったようで、それも救いでしたね。薄毛を気にする人、とくにつむじの薄毛を気にしている人って、他人に背後に立たれるのをすごく嫌がる人いますよね。見られるのがイヤなんでしょうね。

 

まだ33歳ということですし、育毛剤を使うことにも抵抗がないようなので、きっと近いうちに薄毛の悩みから解放されることを祈っています。では、次の体験談、行ってみましょう~!

 

 

 

美容師さんから「つむじの辺りの毛が大分傷んでますね」と言われました…

29歳・コールセンター勤務

私の後頭部、つむじの周り5~6㎝程は、26歳頃から段々と薄くなってきました。この薄毛に気づいたのは、美容院へ行った時です。パーマをお願いしたのですが、その時に美容師さんから「つむじの辺りの毛が大分傷んでますね」と言われました。

 

その時はそうなんだ、と思って特に何も気にせずにいました。でも数日経って、美容師さんが言う程なんてどのくらい傷んでいるんだろうと思ったのです。

 

そこで鏡で見るとつむじの周囲の毛が薄くなっていて、残っている毛も触るとかなりパサパサでした。他の部位はサラサラだったので、これはパーマをかけたせいではなく、美容師さんの言う通り傷んでいるせいだと感じたのです。

 

このままだともっと薄毛の部位が広がると思って、まだ取り返しのつく内に薄毛対策をしようと思いました。

 

薄毛対策は、頭皮マッサージと育毛剤を使う事を選びました。これは毎日のように仕事でPC画面を見ていて、頭も凝っているだろうと思ったからです。育毛剤はハリモアという商品を、ネットで評判が良かったので使う事にしました。毎日お風呂上りにハリモアを適量、頭皮に馴染ませるようにつけます。

 

その時に指の腹で頭皮をいい感じの強さで押し、特に後頭部や首の上の辺りを中心的に揉んでいました。そうした方法を取るようになって1ヶ月、薄かった部分を触ってみると、以前よりは髪質が柔らかくなったような気がしました。

 

でも鏡で見ると相変わらず薄いままだったので、そのままもう1ヶ月続けました。薄毛だと自覚してからは、人の視線が気になってしょうがなかったです。だから外へ出る時は帽子をかぶっていました。

 

でもずっとかぶっていると蒸れるし、食事中は取らないと行儀も悪いし、仕事中はかぶれません。早く生えてくれないかな、薄毛なんて嫌だなとずっと心苦しかったです。

 

薄毛対策をして半年目、漸く薄かった部分に新しい髪が生えていました。かなり地肌が見えていたその部分を隠すように、黒いコシのある髪があったのです。

 

触ると硬く、滅多な事では抜けないだろうと思う程、力強い髪でした。半年という長い期間がかかってしまいましたが、薄毛改善が成功して嬉しかったです。

 

もう帽子で隠さなくてもいい、人の視線も気にならない事がこんなに心が清々しい気持ちになるとは思いませんでした。薄毛対策はすぐに効果が出る物は少なく、最低でも1ヶ月はかかると思います。でもこうして地道にコツコツ続ける事が、大事なのだと思いました

(引用元:発毛育毛まとめサイト)

 

 

いかがですか?この方の場合は、半年以上コツコツと育毛剤でお手入れしたようですね。指摘してくれた美容師さんもプロですから、多分自覚がないと思ってさりげなく言ってくれたんでしょうね。

 

気にしている人だったら、美容師さんに言われる前に自己申告しますしね。薄毛の原因は様々ですが、今回のように「つむじあたりの毛が痛んでいる」というのは、パーマやカラーリングを繰り返した影響が大きいのかもしれません。

 

オシャレのためにパーマやカラーを習慣化している女性も多いのですが、もともと髪が細かったり弱々しいことを自覚しているのであれば、パーマやカラーは控えめにしたほうが良さそうですね。

 

自分が思っている以上に頭皮にダメージを与えている可能性もありますしね。では、最後の体験談、いってみましょう!

 

 

 

このままいくとどんどん毛がなくなっていくのでは…

64歳・専業主婦

髪の毛はもともとそれほど太くなく、一本一本が細くて、コシのない髪質です。30歳ごろ、子供を出産した後、シャンプーした後に髪がよく抜けるなと心配していました。

 

このままいくとどんどん毛がなくなっていくのではないかと心配になり栄養を取らなければならないと思い始めました。

 

でも男性で剥げている人は大体が脂ぎっていて、栄養が回っている人のイメージですのであまり脂肪ととるのは避けたほうがいいのかなと思いました。もともとコレステロール値が高いので脂肪は取りすぎないように気を付けていましたが。

 

それで牛乳やチーズを多めにとってカルシウム不足にならないようにしました。またたんぱく質は髪の毛の成分という意味から絶対不足しないように、良質たんぱく質を取るようにしました。

 

そうしているうちに、抜け毛は減ってきたように思えます。この食生活は今でも基本的に続けています。もともとは偏食で甘いものばかりが多かったのですがあえて乳製品とたんぱく質は多めにとることをずっと続けています。

 

ところでこの年齢になって、同年代の人を見ると、やはり頭の頭皮が透けて見える人がいます。私はどうかなと思って鏡を頭頂部に当てて見てみるのですが頭頂部はそれほど剥げているようではありません。

 

しかし、いつもセンター分けをしている前髪の分け目がくっきりと地肌が見えています。そこで髪の分け目をたまには変えることが必要だと思い、現在はサイドから分けるようにしています。

 

シャンプーは夏でも二日に一回。冬、あせもかかない寒い日は三日に一回として、あまり髪に負担をかけないようにしています。一般的なシャンプー剤でシャンプー後は洗い流すリンスを使い、一回だけ洗い流して、あとは乾燥させるだけ。

 

あまり髪の手入れに力は入れていません。また年齢の割に白髪が少ないので染めることもありません。またパーマは一生のうちに数回かけただけで、頭皮に負担はかかっていないと思います。

 

最近ヘアーウイッグのコマーシャルを目にすることが多いのですが、かつらをかぶれば多少髪の薄いのは隠せられると思ったり、いいえ、そんなことをする必要はないと思い直したりして、ときどき心が揺れます。

 

人の髪の毛が薄いのを見ると、自分も気が付かないだけで他人から見れば薄い髪だなと思われているのではないかと不安になることもありますが、かつらを買うのはもう少し先にしようかなと思うこの頃です。

 

日本人の黒くて太い直毛の人を見ると羨ましい時もありますが細いこしのない毛のおかげで、髪の量は少なくてもふわっとしたカーリーヘアでボリュームをごまかせられるので、今ではこの髪質も気に入っています。

 

これからも栄養はしっかり取りつつ、分け目に気を付けて髪や頭皮に負担をかけない生活を続けたいと思います。

(引用元:発毛育毛まとめサイト)

 

 

 

いかがですか?この方はきちんと自分の考えをもって育毛に取り組んでいらっしゃいますよね。洗髪が夏2日に1回、冬は3日に1回というのは、私にはちょっと耐えられませんが…。

 

やはりこの年代になるとウィッグに心惹かれるんですね。いくつになっても女性は美しくいたいものですし、最近のウィッグは地毛と分からないくらい自然でオシャレですもんね。

 

あとは、いろいろな体験談に目を通して感じたことは、女性の場合やはり出産後から急激に髪の毛に変化を感じる方が多いということ。

 

とくに抜け毛が増えたと感じる方が多いのですね。少しでも髪に異変を感じたら、育毛対策を始めるのが良さそうですよね。

 

 

 

 

つむじの薄毛で悩んでいる女性の体験談まとめ

 

 

以上、つむじの薄毛で悩んでいる女性の体験談を3つご紹介いたしました。

 

20代から60代まで、薄毛で悩む女性が増えていることがわかると思います。

 

女性の薄毛は、男性にはわからないかもしれませんが精神的にものすごくツライものなんです。髪は女性の命ですから、シャンプーのたびに両手にごっそり髪が抜けるのを見て、命が削られていくのと同じような痛みを心に感じるわけです。

 

男性と違って女性はツルツルに禿たりはしませんが、それでも毛量が減り、スタイリングが決まらないと外出するのもイヤになりますし、写真なんてもってのほか!と旅行や同窓会などの集まりにも積極的に参加できなくなります。

 

 

 

今は良い育毛剤がたくさん発売されていますので、昔に比べたらラッキーな時代ですよね。

 

昔はこんなに薄毛の研究が進んでいなかったので、抜け毛が増えたらひたすらワカメや昆布を食べたり、民間療法のようなものに頼ったりなど、根拠もない心もとない方法でしか改善策を図れなかったのですから!

 

ストレス過多な社会に身を置いている私たちは、髪に少しでも負担をかけず、いくつになっても美しい髪をキープしながら明るく楽しい人生を過ごしましょうね!

 

 

【最新版】口コミ評価の高い女性用育毛剤ランキング!

 

 

 

 

コメントを残す