「ルプルプ」ヘアカラートリートメントの口コミと成分から髪に優しいかチェック|女性用育毛剤マニア

ルプルプ ヘアカラートリートメント口コミ

 

 

一度染め出すとやめるタイミングがないといわれる白髪染め。

 

健康な髪は、1か月に1.5〜2.0センチ伸びていくので、ほとんどの方が3週間〜1か月に1回ペースで白髪染めをしているのではないでしょうか。

 

しかし、頻繁な白髪染めは、髪のキューティクルを痛め、つやのないパサついたダメージ髪へと、髪質自体を変えてしまいます。

 

さらに、白くなってしまった髪を黒く染める白髪染めには、強い薬剤が使われていることがほとんどで、継続して使用すると、髪だけでなく頭皮ダメージも進行させてしまうのです。

 

頭皮ダメージが進むと、いずれは、薄毛や抜け毛の原因になっていくというのはこのサイトでお伝えしている通りです。

 

若々しいきれいな髪を作るためにしていた白髪染めが、パサつきや薄毛、抜け毛の原因になっているとすれば、本末転倒ですよね。

 

 

 

そこで、おすすめなのが、タカラバイオ株式会社から発売されている、優れた保湿力と自己修復力を持つガゴメ昆布が豊富に配合された「ルプルプ」です。

 

「ルプルプ」のヘアカラートリートメントは、キューティクルの損傷や頭皮をダメージから守りながら、白髪をはじめ、パサつき、うねり、薄毛などの髪のあらゆる悩みを解決してくれる天然由来のカラートリートメントです。

 

ここでは、「ルプルプ」ヘアカラートリートメントを実際に使用した人の口コミや、配合されている成分などについて詳しくまとめてみました。

 

 

まずは「ルプルプ」ヘアカラートリートメントの悪い口コミをチェック!

 

「白髪が染まらないんじゃなんの意味もありません…」

年齢 評価
26歳

ソフトブラック使用しました。

 

1回目 あれ?全く染まってない・・まぁ1回で染まるものではないみたいだし・・
2回目 まだ光ってる・・。うーん。。
3回目 若干光り方が抑えられた感じ?ただ白い

 

3回やってこれじゃ期待はできないですね。髪に優しそうだから使ってみましたが・・ちなみにシャンプー前、コームを使用しシャワーキャップで密閉し3時間ほど置きました。いくら髪に優しくても白髪が染まらないんじゃなんの意味もありません。

 

「浴槽が染まってしまった…」

年齢 評価
37歳

染まりが一度で実感出来るので気に入って使っていましたが、塗ってしばらくお風呂でキャップをして入るんですが、液が湯船に流れてしまい、次の日洗濯に使うので溜めていたら風呂釜が次第に緑になってしまいました。スポンジでかなり擦ってもとれません。白いので目立って情けないです。

 

「8回位シャンプーしてもタオルに毛染めがつきます…」

年齢 評価
35歳

香りがとてもいいです。成分的に安心・・でも8回位シャンプーしてもタオルに毛染めがつきます。一回の風呂で8回もシャンプーしたくないです。

引用:アットコスメ

 

 

「ルプルプ」ヘアカラートリートメントの悪い口コミ《まとめ》

 

「ルプルプ」のカラートリートメントの悪い口コミとして「染まりが悪い」、「浴室に染料がつく」、「染料がタオルにつく」との声がありました。

 

まず、染まりに関しては、カラートリートメントに通常の白髪染めの効果を期待してはいけません。白髪染めとカラートリートメントでは、まったく白髪に対するアプローチが違います。

 

白髪染めが強い薬剤で髪のキューティクルを開き、脱色剤やカラー剤の染料を髪の内部に浸透させて色を付けるのに対し、カラートリートメントは、キューティクルの隙間からトリートメント成分と天然染料を浸透させ、キューティクルの外部にも染料を付着させ、白髪を染め上げます。

 

 

 

白髪染めでは1回の施術できれいに色が入りますが、カラートリートメントは、3回〜5回に分けて色を入れていきます。

 

1回のカラーでの染まり具合は、白髪染めのほうが優れているのは間違いありません。ただ、白髪染めに使われる化学成分は、髪と頭皮に大きなダメージを与え、白髪やパサつき、うねり、髪のやせ細りを進行させる原因にもなります。

 

長期的な視点でみれば、髪と頭皮をいたわりながら白髪を染め上げるカラートリートメントのほうが、髪を若々しく保つことができるのです。

 

 

 

白髪染めに比べると染まりが劣るカラートリートメントですが、その中でも「ルプルプ」は染まりにこだわり、色の入りがよい微アルカリ性の性質を持たせた商品です。

 

一般的な白髪染めに比べると、「染まりが悪い…」と感じるかもしれませんが、「他のカラートリートメントと比べるとかなり染色力は高い」といえます。

 

さらに、染まりを良くしたい場合は、ヘアキャップやラップで包んだ後にドライヤーなどで温めたり、乾いた髪に使用するのもおすすめです。

 

 

 

「浴室や洗面台に染料がついて落ちない…」という声ですが、これは、一度浴室や洗面台を水で濡らして(流して)から使用することでかなり軽減することができます。

 

「ルプルプ」は藍などの天然染料を使っているので、草木染めと同様、空気に触れることで色が発され定着します。

 

乾いているところに染料が付くと色が沈着しやすくなりますが、濡れていると色は沈着しにくいのです。万が一、「染料がついて落ちない…」という場合は、アルカリ性の洗剤の使用をおすすめします。

 

「染料がタオルにつく」という口コミに関しては、すすぎが不十分なせいです。シャンプーを8回もした!との声がありますが、シャンプーの摩擦も髪のダメージになりますので、たっぷりのお湯で揺らすようにすすぎましょう。

 

 

 

逆に「ルプルプ」ヘアカラートリートメントの良い口コミはどう?

 

「素晴らしい、もう一本なくなるのでリピートします!」

年齢 評価
39歳

白髪がちらほら出てきて、量販店で買ったカラートリートメントを3種類ほど試しましたが、染まらなかったり、少し染まっても2、3日で色落ちしてしまったりで、カラートリートメントはそんなものだとあきらめていましたが、このトリートメントは全く別物です。広告の通りに綺麗に染まるし、一度染まったら二週間近くは持つのではないでしょうか。(色持ちは白髪の量によって個人差あると思います)

 

乾いた髪に白髪の目立つところだけサッサと塗って、30分くらい放置、あとは普通にシャンプーするだけのプロセスもすごく楽です。美容院に毎月行くのは面倒だし、やはり髪染めは良いものを使ってもそれなりに髪がパサついたりやせてくる気がします。白髪の出始めの方には本当にオススメです。

 

あまりに良くて、白髪だらけの60代の母にダークブラウンで染めてあげたら、金髪や赤髪っぽくならず、品良く染まりました。白髪が多い方は最初は続けて2回くらい使う必要がありそうですね。カラートリートメントというだけあって、髪もしっかりトリートメント効果が感じられます。素晴らしい、もう一本なくなるのでリピートします!

 

「気になっていた白髪が、とっても綺麗に染まりました!」

年齢 評価
48歳

LPLPヘアカラートリートメントダークブラウン使っています。北海道の希少なガゴメ昆布からとれるフコイダンが配合されている自然派エイジング・ヘアケアです。使い方はとっても簡単!

 

1. 適量を手に取り,髪全体を覆うようにたっぷりなじませます。白髪が気になる所は念入りに…
2. コームでムラなくなじませます。
3. 20〜30分置きます。
4. しっかりすすぎ シャンプーで洗い トリートメントでしっかり整えましょう

 

気になっていた白髪が、とっても綺麗に染まりました。ダメージ0で、染める前より艶やかで健康的な髪に変身しました。色が定着したら週1〜2回の使用で髪色をキープしながら艶髪に導いてくれます。

 

「染めにくい生え際ですが、3日間で見事に染め上がりました!」

年齢 評価
35歳

さわり心地は、さすがに昆布のヌメリ感を髣髴とさせます。髪になじみやすく、長い髪でも全体的に広げやすいです。放置時間も、たったの10分!!その後のすすぎも、サラ〜っと簡単に流れてくれます。

 

一生懸命すすいだのに、真っ黒な汗が額からタラ〜〜なんてこともありません。(経験者は語るww)染めにくい生え際ですが、3日間で見事に染め上がりました♪

引用:アットコスメ

 

「ルプルプ」ヘアカラートリートメントの良い口コミ《まとめ》

 

「ルプルプ」のカラートリートメントの良い口コミとして「染まりがよい」、「手軽でよい」、「ダメージ0で白髪染めできた!」などの声が多くみられました。

 

やはり他のカラートリートメントを使ったことがある人は、「ルプルプ」の染まりの良さに高い満足度を覚えるようですね。

 

 

 

「ルプルプ」が他のカラートリートメントと比べて染まりがいいのは、「微アルカリ性の性質だから」です。

 

一般に、アルカリ性はキューティクルを剥がしてしまうので、髪のダメージを進行させてしまうといわれますが、「ルプルプ」は、フコダインや天然色素などで頭皮と髪をいたわりながら染めていくのでダメージを気にせずに染髪することが可能です。

 

 

 

また、手軽に使うのにおすすめの方法が、乾いた髪に使用すること。お風呂に入る前に、ブラッシングをして「ルプルプ」を塗布し、ラップで髪を包み、20〜30分放置してからお風呂に入ればOKです。

 

お風呂で、濡れた髪に付けるよりも、液だれしにくいですし、放置時間を有効に使えます。染まり方も、乾いた髪のほうがしっかりと色が入りやすいです。

 

「ルプルプ」に配合されている天然色素や有効成分などについては、後に詳しく書いていきますが、「ルプルプ」が普通の白髪染めに比べて頭皮と髪のダメージが少ないのは間違いありません。

 

染めれば染めるほど、髪がパサつき、ダメージを受けてしまう白髪染めに対し、「ルプルプ」は染めれば染めるほど、髪が修復されていくのが大きな魅力です。

 

 

「ルプルプ」ヘアカラートリートメントの口コミ総合評価!

 

「ルプルプ」ヘアカラートリートメントは、カラートリートメントとしては非常に優秀な商品です。色味は、ブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ソフトブラック、ナチュラルブラックの5色展開です。

 

カラートリートメントは、通常、ブラウンとブラックの2色のみの展開だったりするので、ここまで色展開があるものは非常に珍しいですね。

 

ただ、白髪染めと同等の効果を期待していると、少し残念に感じるかもしれません。

 

「数回に分けて徐々に色を入れいていく」、「黒髪までは染まらない」などのカラートリートメントの特徴を把握してから使うようにしましょう。

 

髪を傷めずに白髪を染める点に関しては、白髪染めとは比較にならないくらいダメージレスですので、「髪と頭皮をいたわりながら白髪ケアしたい!」という人におすすめの商品です。

 

 

「ルプルプ」ヘアカラートリートメントに配合されている成分とは?

 

「ルプルプ」ヘアカラートリートメントの最大の特徴は、ガゴメ昆布から抽出される“フコダイン”です。

 

ガゴメ昆布とは、北海道の函館市から室蘭市までに分布する、通常の昆布よりも粘りが強い昆布のことです。

 

その中に含まれる“フコダイン”には、免疫力の向上・育毛効果などが秘められており、美容・健康食品業界で注目の成分です。強力な粘りが皮膚表面に薄いヴェールを作り、頭皮や髪を乾燥から守ってくれます。

 

同時に、FGF−7という髪の成長因子が、毛母細胞の増殖・分裂を促し、毛髪を成長させる働きがあることが分かっています。

 

一般に、白髪染めは刺激が強く、薄毛や抜け毛の原因になるといわれていますが、「ルプルプ」のヘアカラートリートメントは使うほどに髪の成長をサポートしてくれます。

 

 

「ルプルプ」ヘアカラートリートメントの染料はすべて天然由来!

 

市販されている白髪染めには、ジアミン系染料が使われており、髪のダメージ(パサつき・ごわつき・うねり)の一因になっています。

 

通常の白髪染めを使うと、染髪中に、頭皮がひりひりしたり、かゆくなってしてしまいますよね。これらは、ジアミン系の染料や、アミノフェロールや過酸化水素などの化学薬品などの副作用の症状です。

 

化学染料や薬品は、長期的に使い続けることで、アレルギー性皮膚炎や生殖機能または胎児への悪影響のおそれ、喘息または呼吸困難、腎臓障害、眼刺激など様々な症状を引き起こす危険性があります。

 

継続してケミカルの白髪染めを使い続けることは、髪や頭皮だけでなく、健康面にも影響がでてくる可能性があるのです。

 

《危険!?》白髪染めで避けたい成分4選|女性用育毛剤マニア

 

 

「ルプルプ」に使用されている染料は、ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎の3つで、すべて天然・植物由来の成分です。

 

市販の白髪染めに比べて、使用感がマイルドなので、お肌の弱い方でもトラブルなく使えることが多いです。

 

 

「ルプルプ」ヘアカラートリートメントは安全?危険性は?

 

「ルプルプ」は非常に安全性にこだわったのヘアカラートリートメントです。無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、ノンパラベンにこだわり低刺激に処方されています。

 

「ルプルプ」を使用したことによる重大な副作用は現在のところ報告されておらず、安心して使っていただけます。

 

 

 

白髪染めのように、ツンとするアンモニアの刺激臭なども皆無で、ラベンダー、ローズマリー、オレンジの天然の精油で香りづけされています。さっぱりとした香りで、「この香りが好き!癒される!」との声が多くあります。

 

アレルギーパッチテスト済みなので、お肌の弱い方でもリスクをとらずに使用することが可能です。

 

「ルプルプ」は植物性の染料と合成染料が処方されていますが、まれに、肌のかゆみを感じる人がいます。万が一、肌の異常を感じた場合は直ちに使用をやめるようにしてください。

 

妊娠中のかたは、ホルモンバランスの乱れにより、お肌がいつも以上に過敏になりやすくなっています。安易に使用せずに、使用の前は、一度、かかりつけの医師に相談するようにしてください。

 

 

「ルプルプ」ヘアカラートリートメントの使い方とは?

 

「ルプルプ」ヘアカラートリートメントは、シャンプー前に丁寧に湯洗いした髪につけるだけの簡単ケアです。

 

ワックスやスプレーなどがついているときは、一度シャンプーしてから使います。軽くタオルドライした髪に、ルプルプを全体に塗り、放置します。

 

ワックスなどを付けていないのであれば、乾いた髪に直接塗布してもOKです。放置時間は、20分から30分です。

 

使用量は、髪の長さや量によって変わりますが、全体を染める場合、1本あたり、ショートヘアで約7回分、セミロングで約4回分が目安です。ケチらずにたっぷりと使用するのがきれいに染め上げるコツです。

 

 

「ルプルプ」ヘアカラートリートメントは公式サイトでの購入が最もおすすめ!

 

「ルプルプ」は、アマゾンや楽天などのECサイトでも販売されていますが、「最もお得に購入できるのは公式サイト」です。

 

公式サイト以外では、定価の3000円で売られているのに対し、公式サイトでは、「初めての方限定で1980円」で販売されています。

 

さらに、公式サイトで購入すると、万が一、肌に合わない・気に入らないということがあっても全額返金保証がついているので、金銭的なリスクを最小限に抑えることができます。

 

また、「定期的に使いたい!」という方には、定期コースも用意されているので、そちらを利用すると2回目以降も最大10%オフで購入することができます。

 

 

まとめ

 

様々なカラートリートメントが販売されていますが、その中でも「ルプルプ」は1位2位を争うくらい人気の商品です。

 

天然染料を使い、ここまでしっかりと色を入れることができるカラートリートメントはそれほど多くありません。

 

 

 

白髪染めだと、その時はきれいに染まっても、次回美容室に行くまでに、根元がキラキラして気になってしまいますが、カラートリートメントは、週に1回、自宅のお風呂場で気軽にカラーリングすることができるので、白髪が気になることがほとんどなくなります。

 

美容室で白髪染めをすれば、1回5千円〜8千円ほどしますが、「ルプルプ」なら、月に3000円で“いつでもきれい”を実現することができるのです。

 

そして、「ルプルプ」は髪と頭皮へのダメージも少ないので、だんだんと、ツヤとハリのある健康な美しい髪へと、髪質自体も変化していくのも大きな魅力ですね!

 

*WEB限定特別価格の1980円でお試ししたい方はこちらから

 

 

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング


コメントを残す