《5月が危険!?》春にしてほしい薄毛&抜け毛対策|女性用育毛剤マニア

春の抜け毛対策

 

「春になって、最近、抜け毛が多い…」

「頭頂部のボリュームが一気になくなった気がする…」

 

一気に髪が薄くなると、なんだかこのまま禿げていってしまうのではないかと不安になりますよね。

 

薄毛でお悩みの人にとって、春は注意が必要な季節だということはご存知でしょうか。「抜け毛が気になるな〜…」と思うだけでボンヤリ過ごしていると、薄毛はどんどん加速します。

 

ここでは、薄毛のお悩みにとって、なぜ春は注意が必要なのか?についてや、その対策方法についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

春になると抜け毛が増える&薄毛が加速する理由とは?

 

まず、そもそも、春は1年のうちで抜け毛の最も多い季節といわれています。それは、人類の進化の歴史に大きく関係しています。

 

人類の進化の話w

話のスケールがかなり大きくなりますが、太古の昔から、人間の髪や体毛は外気からカラダの熱を守るために存在していました。誰しも一度はイラストなどで見たことがあると思いますが、人間も大昔はオランウータンの様に全身にモジャモジャと毛が生えていたのです。

 

しかし、人間の知能も発達していったのと並行して、獣の毛皮を「衣服」として利用したり、地球の気温がだんだんと温かくなったりし、何万年もかけて体中に生えていた体毛は退化していきました。

 

現在の人類には、髪の毛、脇毛、陰毛などに太い毛が、そして、全身に薄い毛が残っていますね。現在生えている「毛」は、元を辿ればオランウータンや犬などの動物の「毛」と同じ役割を果たしていたのです。

 

 

 

そう考えると、春に抜け毛が増える理由というのがおぼろげに分かってきたのでないでしょうか?

 

 

「そうです、春は、動物にとって換毛の季節!」

 

 

寒い冬の外気から身を守るためにたっぷりと蓄えた「毛」が、温かい春になると抜けおち、より快適に過ごしやすいように体が対応するのです。

 

これが、春に抜け毛が多い大きな理由です。反対に冬は抜け毛が少し落ちつく季節になるので、春になると抜け毛が一気に増えたような気がするんですね。

 

このように、春は相対的に抜け毛が多い季節なのですが、「春だから仕方ないか〜!」と油断していたら、あなたの薄毛はさらに加速していきますので注意が必要です。

 

「換毛」の理由以外にも、春は頭皮ダメージを受けやすい季節なのです。

 

 

 

5月が危険!?春は頭皮ダメージが受けやすい季節ナンバー1!

 

さて、「換毛」の理由以外に、春が頭皮ダメージを受けやすい理由として、まず、挙げられるのが「紫外線」です。

 

紫外線は、私たちの細胞の内部まで差し込み、遺伝子レベルで細胞を傷つけていく厄介な存在。遺伝子が傷つくと、細胞は損傷したDNAをそのままコピーしていくので、細胞はどんどん劣化していきます。

 

そして、紫外線レベルは、5月から夏にかけて一気に上昇します。

 

5月というと、爽やかな風が吹いて、まだまだ紫外線なんて気にも留めない季節だと思いますが、5月の紫外線量は4月に比較にならないほど高くなります。

 

真夏は、日差しも強くなるので、しっかりと紫外線対策している方が多いですが、5月は爽やかな気候も手伝って紫外線対策を怠りがちになりますので、意識して対策することが重要です。

 

 

 

また、春は「花粉アレルギーの季節」でもあります。

 

3月にスギ花粉が飛びはじめ、5月にかけてヒノキ花粉が飛び始めます。花粉症の人だと、かゆみやくしゃみなどのアレルギー症状がでますし、花粉症ではなくても、花粉は肌や頭皮の刺激になります。

 

春は、紫外線と花粉の刺激により、あなたの頭皮は大きくダメージを受ける季節だということをお忘れなく!

 

 

 

春ストレスに注意!ホルモンバランスの乱れは抜け毛&薄毛を加速させる!

 

春は、新年度が始まり、進学や就職、転勤などの環境の変化の多い季節です。新しい人間関係や新しい仕事内容などの環境の変化は、自分でも気づかないうちにストレスを感じていることがあります。

 

環境の変化によるストレスの症状を指す「五月病」という言葉はあまりにも有名ですよね。4月は張り切っていたもの5月に入ると、「なんとなくヤル気が出ない…」「疲れた…」という症状が出てくるアレです。

 

「五月病」というと軽く聞こえますが、病院では「うつ」や「適応障害」と診断されるので、カラダやココロに起きている変化は私たちが思っている以上に大きいものです。

 

「五月病」の症状を感じている時の症状としては、「不眠や疲労感、食欲不振、やる気がでない、息苦しさなど」です。

 

 

 

これらの症状は、自律神経系の乱れが原因です。

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つの神経のことを指し、交感神経は活動をしている時に優位になり、副交感神経はリラックスしている時に優位になります。

 

交感神経と副交感神経がバランスをとることで、私たちのカラダとココロは「健康」な状態を保てるのですが、新生活が始まると、家に帰った後も「友達にこう言ってしまったけど言い過ぎたかな〜?」とか「今日した仕事はきちんと出来たかな〜?」などと考えてしまいますよね…

 

本来であれば、リラックスし副交感神経を優位にする時間帯に交感神経を高ぶらせてしまいます。

 

1日の間で、交感神経が優位な時間が増えすぎてしまうと、私たちのカラダとココロはバランスを崩し、「五月病」を発症するのです。

 

重要なことは、自立神経は脳の視床下部でコントロールされているのですが、この部分は髪の守護神である女性ホルモンの分泌をも司っているということです。

 

ストレスがかかり自立神経が乱れると、同時に女性ホルモンの分泌も減少してしまうので、女性の髪はハリやコシ、ツヤを失ってしまい、結果的に、抜け毛や薄毛に悩まされることになるのです。

 

 

 

春の抜け毛&薄毛の3つの対策がこちら!

 

春の抜け毛&薄毛対策には大きく3つあります。

 

紫外線対策

紫外線対策には、まず、紫外線を極力浴びないように心がけることが大切です。特に、カラダのてっぺんにある頭は、最も紫外線を浴びやすい部位。

 

紫外線対策というと、まずは、顔や腕などを気にされる方が多いですが、頭皮の予防も忘れないようにしましょう。頭皮の予防としては、帽子をかぶったり、日傘をさしたりするのが有効です。

 

職業柄、なかなか帽子や日傘は使えない…という人は、最近は、髪や頭皮用の紫外線防止スプレーもでていますので、上手に活用してください。

 

また、紫外線対策をしていても、頭皮は知らず知らずのうちにダメージを受けています。毎日、髪の分け目を変えると、紫外線のダメージを分散することができるので、オススメです。

 

同じ部分に、紫外線を浴び続けていると、その部分から、ぺちゃんとボリュームがなくなってしまいます。分け目を変えるといっても、1ミリ単位でOKなので、コームの先端で髪をすくって毎日少しずつ分け目をずらしましょう。

 

自律神経・ホルモンバランスを整える

新生活で少しストレスを感じている人は、意識的に自律神経を整える生活を心がけましょう。

 

ストレスを感じている場合は、交感神経が優位になりすぎているので、副交感神経を優位にし、交感神経を緩めていくのが効果的です。具体的な方法としては、

 

  • 買い物をする
  • 好きな香りで部屋を満たす
  • ぬるめのお風呂にゆったりと浸かる
  • 好きな音楽を聴く
  • カラオケに行く
  • 暗めの部屋で夜過ごす
  • 夜はなるべくTVやスマホ、PCを見ない

 

 

とにかく、好きなことを好きな空間ですることがポイント。あなたが「楽しい!」と思うことを心から楽しむことで、カラダとココロはリラックスしていきます。自律神経が整うと、自然と髪の成長を促すホルモンも整います。

 

血行不良を改善する

これは、春の抜け毛&頭皮ケアに限ったことではないのですが、頭は最も血行不良が起こりやすい部位。

 

血流は、髪の細胞に体内から栄養を与える唯一の経路になるので、血流が悪くなると髪のやせ細り&抜け毛に直結します。

 

頭皮の血行不良は年中意識しておくべきですし、まだまだ気温の低い日のある春の時期は特に血流を意識しましょう。

 

頭皮の血流の改善に最も効果的なのが、頭皮マッサージです。指の腹でクルクルと頭皮をマッサージすると、頭がポカポカと温かくなるのを実感できるはずです。

 

頭皮マッサージは、血流改善と同時に、リラックス効果もあるので、ストレスの改善にも効果があります。

 

ネイルなどをしていたり、自分でマッサージするのは面倒…という人は頭皮マッサージ用のブラシなども多く市販されていますので、活用するといいですよ。

 

頭皮マッサージだけでも、血行不良は改善されますが、さらに効果を出したい!という人は、育毛剤との併用が効果的です。

 

育毛剤の中には、センブリエキスグリチルリチン酸ジカリウムはなどの血流をよくする成分が配合されたものも販売されていますので、目的に合わせて使用するといいと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

 

春は、「換毛」の時期ですので、ある程度の抜け毛は増える季節ですので、抜け毛や薄毛に対してあまり神経質にならないようにしましょう。

 

ただ、紫外線対策やホルモンバランス対策、血流不足対策などできることも多くあります。髪の毛のケアもお肌のケアと同じように、効果を実感するのには少し時間がかかります。

 

毎日、コツコツと努力を続けることが、若々しくツヤとボリュームのある髪を維持するコツですので、無理のない範囲で持続的にケアを続けていきましょう。

 

 

 

 

コメントを残す