《知らないとコワイ!?》ロゲインは女性の薄毛や抜け毛に使っても大丈夫なの?

ロゲインの口コミ

 

「なるべく安く育毛ケアしたい!」という方にとっては、ロゲインは非常に気になる存在です。ミノキシジル配合のリアップなどと比べ、約半値ほどで購入できるのは魅力ですよね。

 

しかし、「ロゲインは医薬品としての認可が取れていない育毛剤」ですので、「使っても大丈夫かな…?」「副作用はないかな…?」と不安に感じている方も多いはず。

 

今回は、女性の薄毛や抜け毛に使った場合の副作用について説明していきたいと思います。

 

 

ロゲインとは?男性向けと女性向けロゲインの2種類がある!?

男女共用育毛剤

 

ロゲインは、ミノキシジルを主成分とした育毛剤です。ロゲインは、男性向けと女性向けの商品があり、ミノキシジルの配合濃度に違いがあります。

 

男性向けが5%、女性向けが2%の配合量となっており、女性向けの方が濃度が薄くなっています。ここで注意してほしいのは、

 

 

「ミノキシジル濃度が高いからといって、男性向けのロゲインを使わないようにすること!」

 

 

濃度が高くなれば、それだけ副作用のリスクが上がりますので注意してください。

 

女性の薄毛は男性の薄毛よりも症状がひどくないことがほとんどですので、ミノキシジル2%のロゲインでも十分に効果はあります。

 

ここでは、ミノキシジル2%配合の女性向けロゲインの副作用についてお話していきたいと思います。

 

 

ロゲインは女性の薄毛や抜け毛に使っても大丈夫?副作用のリスクは?

 

ロゲインの主成分であるミノキシジルは、もともと、高血圧患者のために開発された薬です。

 

高血圧患者に臨床試験として使っているなかで、「髪が生えてきた」「腕の毛が濃くなった」「まつげが濃くなった」などという報告が多く上がってきて、「もしかしたら、毛をはやす効果があるのでは?」と研究・開発がすすめられてきたという経緯があります。

 

ミノキシジルは、日本で唯一、厚生労働省に認可されている発毛効果のある成分です。薬として効果がある一方、副作用のリスクがあることも忘れてはいけません。

 

以下が、女性がロゲインを使用した場合に起こりうる副作用です。

 

 

頭皮のかゆみ

最も多くの方が感じる副作用の一つが、頭皮のかゆみです。ミノキシジルを使用して、フケが大量にでる…という報告もあるようです。

 

ミノキシジルを処方しているクリニックでは、シャンプーやコンディショナーも見直しをすすめるところも多いです。

 

体質と合う・合わないもありますので、あまりにもかゆい場合は、無理して使用し続けないほうがいいです。「どうしても使いたい…」という場合は、皮膚科医や美容皮膚科医の指示を仰ぎ、使うようにしてください。

 

動機・息切れ

ロゲインに配合されているミノキシジルは、既にお伝えしたように、もともと高血圧の治療の段階で偶然にみつかった成分です。

 

体の毛細血管をひろげ、血流を増やす効果があるので、ミノキシジルを使用することで血圧が下がります。血圧が下がることで、動機や息切れといった副作用を感じる場合があります。

 

女性の場合は、低血圧症の方も多いので注意が必要です。低血圧の方や心臓にリスクをお持ちの方は、使用の前に必ず、かかりつけの医師に相談するようにしてください。

 

頭痛・めまい

ミノキシジルを頭部に塗ることで、頭痛やめまいの症状を訴える人も多いです。ミノキシジルは、血管を広げる効果があるので、頭の血流量が上下し、それにより痛みやめまいを感じるのだと考えられています。

 

「頭痛がするから…」と安易に頭痛薬で痛みを抑え込むことはせず、ロゲインの使用をいったんストップし、一度、かかりつけの医師に使用を相談するようにしてください。

 

ぼんやりする

血流の変化によっておこるのが、「ぼんやりする」といった副作用です。頭にロゲインを塗ると、頭部の血流が増え、一時的にぼーっとする症状を訴える人もいます。

 

赤ら顔

ミノキシジルは、毛細血管を拡張させます。メイクなどをしていると副作用のサインを見逃してしまいますので、使用はじめの頃は、できるだけ素顔がわかる状態で過ごしましょう。

 

むくみ

血管が拡張することから、体全体の血流量が変化し、顔や手、足などの一部がむくんでしまうこともあります。副作用が出た場合は使用を控え、一度、医師に相談してから使用するようにしましょう。

 

 

ロゲインは妊娠中や授乳中も使用してOK?

 

「妊娠中や授乳中のロゲインの使用は控えるようにしてください!」

 

ロゲインは、日本では、“医薬品”として認可されていません。これは、効果はもとい、その副作用なども、日本国では臨床試験も行っていないということ。

 

つまり、「効果もリスクもわからない」というのが、ロゲインに対する国の立ち位置です。妊娠中や授乳中の女性に対する臨床試験のデータがありませんので、そのリスクは不明です。万が一のことを考え、妊娠中や授乳中は使用を控えましょう。

 

 

まとめ

 

ロゲインに配合されているミノキシジルは、「“医薬品”であり“薬”」です。

 

ロゲインは、日本で医薬品として認可を受けている商品ではなく、“並行輸入品”で、あくまで自己責任のもと使用する商品です。

 

万が一、薬の副作用で健康被害を受けた場合も、被害者として救済されることはありません。

参考:https://www.mhlw.go.jp/

 

 

効果とリスクをよく理解したうえで使用するようにしましょう。少しでも「不安だな…」と感じたり、抜け毛や薄毛の状態がそこまで深刻でないようであれば、ミノキシジル不配合の育毛剤の使用をおすすめします。

 

薄毛の初期段階であれば、ミノキシジルなしの育毛剤でも、十分に効果を実感することができます。

 

このサイトでも紹介している、マイナチュレリジュンなどは、女性の薄毛に特化して開発された商品ですので、より、安心してご使用いただけるかと思いますよ。

 

最新の女性用育毛剤ランキングはこちら

 

 

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング


コメントを残す