《知っておきたい!》女性が薄毛になる前兆なんてあるの?

女性の薄毛の前兆

 

女性にとって髪は命の次に大切と昔から言われており、古くは、女性の生涯において髪を切るということは考えられなかった時代もありました。

 

女性が髪を切るのは、仏門に入るなどすることで女性という「性」を捨てる時でした。

 

現代では、髪を切ることはファッションの一部になっており、一生髪を切らないという女性はいませんが、それでも髪は女性にとって大切なものに変わりありません。

 

抜け毛が増え、髪のボリュームがなくなるのは、女性にとって耐えがたいこと。

 

しかし、女性の薄毛が進行には必ず前兆があり、その前兆を見逃がさずにするべき対処を行うことで、その進行は大きく食い止めることができます。

 

ここでは、そんな薄毛の前兆や、とるべき対策などを詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

 

女性の薄毛の原因は3種類!あなたの薄毛の原因はどれ?

 

女性の薄毛の原因は、「ストレス」「頭皮の炎症」「女性ホルモンの減少」と、大きく3種類あります。

 

 

ストレスが薄毛の原因の場合

ストレス性の脱毛は、人間関係や仕事や勉強のプレッシャーなど、日々受けているストレスが原因で進みます。

 

特定の箇所の髪が抜けてしまう「円形脱毛症」や自分で髪を抜いてしまう「抜毛症」がストレス性の脱毛としては有名です。

 

 

頭皮の炎症が薄毛の原因の場合

頭皮の炎症が原因で起こる脱毛は、「アトピー性皮膚炎」や「頭部白癬症」などがあり、肌質や菌の感染による皮膚トラブルで毛根が傷つき、毛が抜ける症状のことです。

 

これらの2つが原因で起こる脱毛は、毛髪そのものよりも精神状態や皮膚に問題があることが原因ですので、改善にはメンタルクリニックや皮膚科などを受診することが必要になります。

 

 

女性ホルモンの減少」が薄毛の原因の場合

「女性ホルモンの減少」が原因の薄毛は、女性であれば誰しもが症状を抱える可能性があり、3種類の脱毛の中で最も潜在的に悩んでいる人が多いものです。

 

毎月の生理や、妊娠、出産、閉経など、女性の“性”は女性ホルモンにコントロールされています。思春期に女性ホルモンの分泌が増えることで、女性は初潮を迎え、その後、閉経まで女性ホルモンの増減が毎月繰り返されるのです。

 

女性ホルモンが活発に分泌されているのは、平均して35歳くらいまでで、それ以降はホルモンは減少していきます。これにより生理周期が乱れたり、生理の量が減ったりし、だんだんと女性の体は閉経を迎えるのです。

 

 

ここでは、多くの人が悩んでいる女性ホルモンの減少が原因の薄毛について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

女性のホルモンの減少が原因の薄毛には“前兆”がある!?

 

女性ホルモンの減少が原因の薄毛は、FAGA(女性男性型脱毛症)やびまん性脱毛症と呼ばれ、ホルモン量が減る35歳以降に症状として現れてきます。

 

FAGAは進行すると、分け目が透けて見えたり、頭頂部のボリュームがなくなったり、生え際が後退したり…という症状につながります。

 

しかし、薄毛の症状がかなり進行してからケアをすると効果を実感できるまでに時間がかかってしまいます。

 

薄毛の症状として表面化する前に、薄毛の“前兆”を感じ取り、早めに対処することで薄毛は進行をかなり遅らせることができます。

 

「薄毛の“前兆”は30才〜40代くらいに現れやすい」ですので、この年代の方は注意をしておくといいと思います。

 

 

もしかして、女性ホルモンが減ってきた!?薄毛の“前兆”3つ!

 

頭皮の変化

痒みやフケ、皮脂の過剰分泌、頭皮の臭いなど、頭皮の変化も薄毛の“前兆”です。

 

女性ホルモンは、別名、「若返りホルモン」とも呼ばれ、肌や頭皮を若々しく保つ働きがあります。女性ホルモンが減少してくると、頭皮の水分量が減少したり、皮脂が過剰に分泌されたりして、フケやかゆみ、臭いといった不快な症状がでてきます。

 

また、頭皮が硬くなるのも、薄毛の“前兆”です。頭皮が硬くなると、血流が悪化し、髪に栄養分が届かなくなり、髪がやせ細っていきます。

 

頭皮の硬さを感じるのであれば、頭皮マッサージをしたり、血行促進の有効成分が入った育毛剤を使用することがオススメです。

 

髪質の変化

髪が細くなったり、パサついたり、ハリ・コシがなくなるといった髪質の変化も薄毛の“前兆”のシグナルです。

 

実は、若いときの輝くようなしなやかな髪は、全て女性ホルモンの働きによります。加齢により女性ホルモンが減少すると、髪内部の水分と油分のバランスが崩れ、髪がうねったり、パサついたりしてしまうのです。

 

昔は素直なストレートの髪質だったのに、最近、ウェーブヘアに変わった気がするというのは、薄毛の前兆の1つです。

 

抜け毛

髪の抜け毛は、季節や年齢でも違いがありますが、平均して1日100本前後抜けていると言われています。100本を実際に集めてみると思っている以上に多いので、抜け毛に関してはそこまで神経質になる必要はありません。

 

しかし、細くて短い毛が抜けていたら注意が必要です。髪は、成長期→後退期→休止期という3つのヘアサイクル(毛周期)を繰り返しており、細くて短い毛というのは、いわば“赤ちゃん”。

 

本来であれば、これから成長し5年〜7年の寿命があるべき毛が“赤ちゃん”の時に抜け落ちてしまうと、髪全体の量が減少していき薄毛につながります。

 

細くて短い“赤ちゃん”毛が抜けている人は、薄毛に片足つっこんでいる状態です。頭皮環境が乱れ、毛根全体にダメージを受けている状態ですので、これから一気に薄毛が加速する可能性があります。

 

 

 

 

薄毛の“前兆”を感じたら一刻も早いケアを始めて!

 

女性ホルモンの減少が原因の薄毛の“前兆”は、まず、頭皮の異常として現れ、そのあとに髪質の変化、短く細い毛の抜け毛として現れます。

 

フケや頭皮の臭いなどの頭皮の異常は、薄毛の“前兆”の第一ステップです。

 

髪質の変化は第二ステップ、そして、細く短い抜け毛が増えてきたら、薄毛になる一歩手前の最終ステップといえます。

 

いずれにせよ、「あれ?」と思った段階で、食生活や生活習慣の見直しはもちろん、育毛剤やサプリメントなどの育毛ケアを始めることがおすすめですね!

 

最新の女性用育毛剤ランキングはこちらから

 

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング


コメントを残す