《抜け毛が増える?》秋にしてほしい薄毛&抜け毛対策|女性用育毛剤マニア

秋の女性の抜け毛

 

日差しの強い焼けつくような夏の季節が終わり、爽やかな風が心地いい秋の季節。四季の中で一番好きな季節という方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、爽やかな風とは裏腹に、「秋になると一気に増えるのが抜け毛」です。

 

実は、秋は1年で最も抜け毛が多い季節といわれており、夏の日差しや暑さが和らいだからといって、油断できない季節なんです。

 

ここでは、秋に抜け毛が増える理由やその対策などをくわしくご案内していきたいと思います。

 

 

 

 

秋は抜け毛が増える季節?その理由とは?

 

日本医学育毛協会理事、日本臨床毛髪学会評議員をしている育毛専門医、桑名医師によると、秋は1年の中で最も抜け毛の多い季節といわれています。

 

髪にはヘアサイクルがあり、休止期、成長期、退行期のサイクルを繰り返しているのはご存知の通りですが、実は、髪の毛量は1年を通して変化します。

 

髪といっても、細胞の一つに変わりませんので、一般的に、気温が上昇すると髪の成長は加速するんですね。

 

爪などが夏の気温が高い時期に伸びるスピードが速くなるのと同じです。(植物も夏によく育ちますよね!)

 

 

 

外気が温かくなる3月以降、髪は良く育つようになり、5月〜8月が1年で最も毛量の多い時期になるというわけです。

 

夏に生い茂った葉が、秋になると、葉を落としますよね。これと同じように、髪もまた、夏に生えたものが、秋に一気に抜け落ちていくのです。これが秋に抜け毛が増える原因です。

 

 

また、一説では、氷河期から進化を遂げてきた私たち人類には“換毛”の名残が残っているとも言われています。

 

わんちゃんを飼っている人であればよくわかると思いますが、犬は、寒い冬に向けて秋に体毛を夏毛から冬毛に生え変わらせますよね。

 

私たちの先祖も、古くは髪の毛を含む体毛で体温を保っていたと考えられており、その名残として、秋に抜け毛が増えるのではないかと考えられているのです。

 

 

 

秋にしてほしい薄毛&抜け毛対策とは?

 

夏に強い日差しを浴びた髪や頭皮は、私たちが思っている以上にダメージをうけています。

 

来年春の生え変わりの時期に、太くコシのある健康な髪を育てるには、まずは、夏のダメージを取り除くことが重要です。

 

ここでは、秋にするべき、薄毛&抜け毛対策を3つご紹介します。

 

 

育毛剤を使った頭皮マッサージをしよう!

 

まず、最も大切なのは、「夏のダメージによって不足している栄養を育毛剤で補うこと」です。育毛剤には、髪の細胞の成長に必要な成分が豊富に配合されてますからね。

 

お風呂上りの清潔な頭皮に育毛剤をたっぷり付け、優しくマッサージして浸透させていきます。頭皮マッサージをすることで、血流がよくなり、頭皮細胞にたまった老廃物や活性酸素を血中に戻していくことができます。

 

育毛剤がない方は、頭皮マッサージだけでもOKですが、育毛剤には栄養だけでなく、炎症を抑える成分や血流を促進する成分なども配合されているので、併用がオススメです。

 

マッサージ時間は1日5分だけでも大きく違ってきます。「マッサージが面倒…」という方は、パドルブラシや動物毛のブラシを使ってのブラッシングも有効です。

 

今人気の育毛剤ランキングはこちら

 

 

 

シャンプーの見直しをしよう!

女性用育毛シャンプー

 

次に、大切なのが、毎日使うシャンプーの見直しです。薄毛や抜け毛でお悩みの方でしたら、すでに、こだわりのシャンプーを使っている人も多いと思います。

 

シリコン入りのシャンプーが髪にとって良くないと言われていますが、毛根を詰まらすシリコンは、特に薄毛や抜け毛の方は絶対に使わないほうが良いシャンプーです。

 

頭皮や髪に優しいシャンプーは、やはり“アミノ酸系シャンプー”です。

 

 

 

“アミノ酸系シャンプー”は、ドラッグストアなどで取り扱っていることは少なく、市販では美容室、またはネットで販売されていることがほとんどです。

 

最近では、ドラッグストアに、“アミノ酸系「配合」シャンプー”という紛らわしいものも出てきているので注意してください。

 

“アミノ酸系「配合」シャンプー”は“アミノ酸系シャンプー”とは異なります。

 

ちゃんとした“アミノ酸系シャンプー”は4〜5千が相場で、「配合」のものは1〜2千円が相場です。

 

きちんと裏の成分表示を見て購入するのが間違いありませんが、価格も1つの目安になりますので参考にしてくださいね。

 

ちなみに、私のおすすめのアミノ酸系シャンプーはharu「黒髪スカルプ・プロ」です。

 

 

1本3600円と普通のシャンプーと比べると高価ですが、髪や頭皮に優しいのはもちろん、白髪予防やカラー褪色にも効果があるのでおすすめです。トリートメント要らずなので、手間がかからないのも気に入っています^^

 

haru「黒髪スカルププロ」を実際に使ってみた口コミはこちら

 

 

 

食生活の改善をしよう!

 

そして、最後に、髪の成長の基本になってくるのが、食生活です。毎日あなたが口にするものは、やがて血になり、髪になります。

 

頭皮マッサージで血行を促進したときに、血の中に栄養が少なければ、せっかくの頭皮マッサージの効果も半減してしまいます。

 

夏の強い日差しを浴びた頭皮は活性酸素が多く溜まっており、ビタミンやミネラルが不足しがち。

 

髪の主成分であるタンパク質はもちろん、ビタミンやミネラルを多く食材を積極的にとるようにしましょう。

 

 

秋のダメージ髪のためにオススメの食材

  • たまご…たまごには、髪の主成分であるタンパク質はもちろん、ミネラルや鉄、亜鉛などの髪にとって必要な栄養素が豊富です。
  • 鶏肉…鶏肉は、タンパク質の宝庫です。タンパク質は、髪だけでなく、私たちの体に必要不可欠な栄養素なので、髪と肌を若々しく保ってくれます。
  • 緑黄色野菜…緑黄色野菜には、ファイトケミカルという活性酸素を除去する栄養素がたくさん入っています。カボチャやホウレン草は細胞分裂を促進するビタミンBが豊富なので特におすすめ。
  • 黒ゴマ…黒ゴマにはナイアシンや鉄分などのミネラル分が豊富です。ミネラルは意識していないと不足しがちになるので、意識して、食べるようにしましょう。

 

 

 

また、薄毛や抜け毛だけでなく髪のパサつきや痛みが気になる方は、ドライヤーの見直しも非常に有効です。

 

最近では、ドライヤーで髪を痛める原因といわれている“熱ダメージ”を排除した、使えば使うほど潤うドライヤーなども売られていますので、一度、検討してみるといいかもしれません。

 

パサついて広がりやすい髪が、しっとりとまとまるようになるので、若々しい髪質を実現できます。

 

使えば使うほど潤うドライヤー?を記事にしてみました!

 

 

 

 

まとめ

 

秋になり、抜け毛や薄毛が増えるのは、髪の生え変わりと合わせて考えるとある程度は仕方がないところがあります。

 

しかし、溜まった夏のダメージを冬に持ち越さないことで、抜け毛はある程度防ぐことができるのも事実。

 

秋になり、「涼しくなって、少しは過ごしやすくなった…」時こそ、きちんとケアをすることで、太くハリのある健康な髪の毛を生えやすくすることができるのです。

 

特に、アラフォー以降の方は、女性ホルモンの減少により、髪がやせ細ってしまったり、ツヤがなくなったりしやすくなりますので、しっかりとヘアケアをしていきましょう。

 

 

 

 

 

【最新版】厳選!女性用育毛剤ランキング


コメントを残す